« 審議拒否の副作用-そもそも良い作用があるのか疑わしいが | トップページ | 何を今更+その論理で行くなら・・・等感じさせられた鳩山幹事長会見 »

2007年3月22日 (木)

台湾をWHOに

(以下、産経新聞の記事より引用)
WHO加盟問題 台湾、米に協力要請

【ワシントン=山本秀也】台湾の世界保健機関(WHO)加盟問題で、総統府国策顧問を兼ねる「台湾医界連盟基金会」(台湾医師会)の呉樹民会長らが21日まで訪米し、米政府と連邦議会、医療関係者らに5月のWHO総会(ジュネーブ)に向けたオブザーバー参加への支援を働きかけた。

中国の横やり、「人権問題だ」

接触した米政府関係者については明らかにされていないが、米国は日本とともに台湾のオブザーバー参加を支持しており、呉会長らは今回も米側の支持獲得に自信を深めたとしている。

台湾のWHO加盟問題は、李登輝政権下の1997年以来、毎年提起されているが、中国政府の激しい横やりでこれまで実現のメドが立っていない。

ワシントンでの懇談で、呉会長は「台湾はこれまで10年かけて加盟に努めてきた。さらに10年費やすこともいとわない」として、オブザーバー資格にとどまらず、正式加盟も視野に努力する考えを表明。その一方で高病原性鳥インフルエンザの流行に懸念が高まるなか、2300万人の人口を抱える台湾が国際的な医療衛生のネットワークから疎外されている現状を「衛生分野にとどまらない人権問題だ」と非難した。(2007/03/22 09:23)

|

« 審議拒否の副作用-そもそも良い作用があるのか疑わしいが | トップページ | 何を今更+その論理で行くなら・・・等感じさせられた鳩山幹事長会見 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69096/5784329

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾をWHOに:

« 審議拒否の副作用-そもそも良い作用があるのか疑わしいが | トップページ | 何を今更+その論理で行くなら・・・等感じさせられた鳩山幹事長会見 »