« 三つ巴のフランス大統領選~中道なるものとはなんぞや | トップページ | 歴史的な安保協力に関する日豪共同宣言 »

2007年3月12日 (月)

なんというか・・・・

ここ数日、「政治は水物」という言葉が頭から離れない。あの水問題のせいだろうか。

そのせいだろうか、以下引用する記事にもそういう思いがよぎる。故人の名声を汚すというか、水を差すというかなんというか。

(以下、日本経済新聞の記事より引用)
谷垣派が大平首相しのぶ会、大宏池会巡りさや当て

自民党谷垣派が12日夜、同派の源流である旧大平派(宏池会)の会長を務めた故大平正芳元首相をしのぶ会を都内の日本料理店で開いた。同じ流れをくむ古賀、麻生両派は招かず、古賀、谷垣両派が分裂するきっかけとなった「加藤の乱」の主役、加藤紘一氏を招待したことで、3派が合流する大宏池会構想を巡るさや当てが激しくなりそうだ。

大平氏の誕生日に集まった約15人の出席者らは、かつての総裁派閥の隆盛に思いをはせた。ただ古賀派を出し抜く形での加藤氏参加は波紋を広げ、古賀派内から「(谷垣派と組む)中宏池会の実現も遠のく」との不満が漏れる。

古賀派の古賀誠会長は、谷垣派の谷垣禎一会長に秋波を送る一方、加藤氏、山崎拓氏との会談も重ねてきた。だが昨年末、古賀派が派閥創設者の故池田勇人元首相をしのぶ会を池田邸で開き、正当性を誇示しようとしたため、谷垣派との連携機運がしぼんだ経緯がある。(23:01)(引用終わり)

時期柄、オーストラリアとの連携というニュースもあるから余計に感じるのだろうか。故人の名声に水を差すようなしのぶ会はいかがなものなのだろうか。今は別々の政党にいるのに何らかの会で一堂に会する政治家の姿というのは小生のような政治のド素人にはうかがい知れぬもので、歴史があるっちゃぁそういうものなのかも知れないがなぁ、なんて感じたりもするが、こういう形で会を開くというのは余計に・・・・

政治は情であると、言う言葉を聞くにつれ、それは政治は国民に対する情だろうと思ったりもするが、こういう面での政治の情というのもまた大切なんじゃないか、と感じられてならない。

|

« 三つ巴のフランス大統領選~中道なるものとはなんぞや | トップページ | 歴史的な安保協力に関する日豪共同宣言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69096/5670253

この記事へのトラックバック一覧です: なんというか・・・・:

« 三つ巴のフランス大統領選~中道なるものとはなんぞや | トップページ | 歴史的な安保協力に関する日豪共同宣言 »