« 台湾をWHOに | トップページ | EUですら、なのだから »

2007年3月23日 (金)

何を今更+その論理で行くなら・・・等感じさせられた鳩山幹事長会見

スポーツ報知の「社会」トップで東京都知事選の目まぐるしい告示日のニュースに触れたときから、ちょっとした予感はあった。しかし、無所属である現職知事の選挙応援に政党がそこまで目くじらを立てる必要があるのかと、鳩山幹事長の会見に関する記事に触れ感じた。

報じられている内容を読んでも、小生のような政治のド素人にはある意味無党派無所属の新しい動きであるような気しかしないからだろうか。

それよりも、これが建ったあと、いざ入居が始まるかと言うときに言うことだろうかと。

(以下、毎日新聞の記事より引用)
赤坂議員宿舎:民主党議員の入居拒否も検討?鳩山幹事長

民主党の鳩山由紀夫幹事長は23日の記者会見で、近く完成し入居の始まる衆院赤坂議員宿舎(東京都港区)について、河野洋平衆院議長が国民に宿舎の必要性を説明すべきだと指摘した。そのうえで「それでも国民から見ておかしいと判断されるとすれば、入るのを差し控えるべきではないか」と述べ、党所属議員の入居拒否も検討する考えを示した。

同宿舎は都心の一等地で格安の家賃が「議員特権」と批判されている。民主党内では若手を中心に入居を避ける動きがある一方、入居の意向を示している議員も多く、鳩山氏の発言には党内から反発も出そうだ。鳩山氏の地元は北海道だが、都内にも自宅があるため、鳩山氏自身は議員宿舎に入居する必要はない。毎日新聞 2007年3月23日 21時57分(引用終わり)

あと、国民からおかしいと判断されるものを差し控えるのであれば審議拒否なども見直すのだろうかと。

(以下、日本経済新聞の記事より引用)
民主党全議員の協議に慎重姿勢、国民投票法案で小沢氏

民主党の小沢一郎代表は22日、改憲手続きを定める国民投票法案について菅直人代表代行、鳩山由紀夫幹事長と協議した。鳩山氏は与党が修正案を提出した際の賛否に関して、党憲法調査会総会などを開き党所属の全国会議員で協議すべきだと主張。小沢氏は「まだしばらく様子を見た方がよい」と述べ、慎重姿勢を示した。(07:02)(引用終わり)

この問題に関して国民から見ておかしいのは小沢代表だろうか鳩山幹事長だろうかよく分からないが、政治は話し合いというのが国民から見ておかしくないとお考えになるなら、是非とも全所属議員で協議して欲しいと感じたりもした。

|

« 台湾をWHOに | トップページ | EUですら、なのだから »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69096/5796112

この記事へのトラックバック一覧です: 何を今更+その論理で行くなら・・・等感じさせられた鳩山幹事長会見:

» 国民投票投票用紙:「反対」欄の余白に「×」は「賛成」 [平和への結集第2ブログ]
4月9日に、公明党・赤松正雄議員(憲法調査特別委員会理事)事務所に電話をし、投票用紙の記載解釈について質問しました。憲法調査特別委員会・憲法調査会事務局に聞いたほうがいいのでは、というので、事務局に尋ねると、衆院法制局にまわされました。 そこで、投票..... [続きを読む]

受信: 2007年4月11日 (水) 14:01

« 台湾をWHOに | トップページ | EUですら、なのだから »