« 選択肢が増えそうな都知事選 | トップページ | 河野談話からの後退とは何を指し示すのか~新談話が徹底的な調査と史実にもとづき過去に世界中の戦場で生じた性問題に言及し再び起こしてはならないとすれば後退でもなんでもない »

2007年3月 9日 (金)

当然の動き

(以下、産経新聞の記事より引用)
民主、慰安婦問題・南京事件検証する会を発足

民主党の有志議員らが9日、「慰安婦問題と南京事件の真実を検証する会」(会長、渡辺周衆院議員)を発足させ、国会内で初会合を開いた。

同会は、慰安婦問題で謝罪と反省を表明した平成5年の河野官房長官談話について、明らかになっている物証や証言などを改めて検証したうえで、「公権力による強制連行の事実はなかった」との認識を盛り込んだ新たな見解を発表するよう政府に働きかけていく方針だ。

呼びかけ人は次の通り。(敬称略)

石関貴史、市村浩一郎、大江康弘、河村たかし、北神圭朗、小宮山泰子、芝博一、神風英男、鈴木克昌、田名部匡代、田村謙治、長島昭久、牧義夫、松下新平、松原仁、三谷光男、吉田泉、笠浩史、鷲尾英一郎、渡辺周。(2007/03/09 12:56)(引用終わり)

|

« 選択肢が増えそうな都知事選 | トップページ | 河野談話からの後退とは何を指し示すのか~新談話が徹底的な調査と史実にもとづき過去に世界中の戦場で生じた性問題に言及し再び起こしてはならないとすれば後退でもなんでもない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69096/5633134

この記事へのトラックバック一覧です: 当然の動き:

« 選択肢が増えそうな都知事選 | トップページ | 河野談話からの後退とは何を指し示すのか~新談話が徹底的な調査と史実にもとづき過去に世界中の戦場で生じた性問題に言及し再び起こしてはならないとすれば後退でもなんでもない »