« 渡辺プラン、嵐の前の静けさかそれとも他のニュースに埋もれているだけか | トップページ | 高市大臣のもっともな提言 »

2007年3月16日 (金)

永田町の記者会見とブーメランと呼ばれるまでに

上手いことを言う表現力にあやかりたい蚊帳吊りたい。民主党のブーメラン現象とはどこの御仁が命名したのだろうか。初めて見たのは、数年前ネットだったような気がする。ついに公然と言われるようにまでになった。これも流行語大賞にノミネートなんてことになったりして。もしその栄誉に輝いたら、誰が受賞式に出るんだろう?

(以下、朝日新聞の記事より引用)
「しっかりして」 社民幹事長、光熱費問題で民主に苦言 2007年03月15日19時44分

「武部さんをやったら永田さん、佐田さんをやったら角田さん、松岡さんをやったら中井さんが出てくる。ブーメラン現象のようなことばかりだ。正直しっかりしてくれ、と言いたい」

社民党の又市征治幹事長は15日の記者会見で、光熱水費問題で松岡農水相を追及しているさなかに中井洽元法相に光熱水費の付け替え問題が発覚したことについて、民主党に苦言を呈した。

民主党は昨年、自民党の武部勤幹事長(当時)を追及した永田寿康氏に「偽メール」問題が起きて議員辞職に追い込まれた。昨年末には佐田玄一郎氏が事務所費問題で行革担当相を辞任したが、1月に角田義一参院議員が献金疑惑の責任を取って参院副議長を辞任。又市氏の発言は、相次ぐ自民、民主の「相打ち」を懸念したものだ。

共産党の志位委員長も同日の会見で「自民、民主がすねに傷を持ち、お互いになあなあで済ませたら、国民の強い批判を浴びる。どっちもどっちという動きが起こる。根っこにお金に対する感覚まひがある」と批判した。(引用終わり)

追求した永田前議員にがせメール問題が起きたと言うより、もとより追求の根拠そのものががせメールだったような気もするが、それにしてもそこまで言うならそんなブーメラン政党と組まなきゃ良いのにと感じたりもするのは、小生が政治に疎いせいだろうか。

|

« 渡辺プラン、嵐の前の静けさかそれとも他のニュースに埋もれているだけか | トップページ | 高市大臣のもっともな提言 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69096/5716286

この記事へのトラックバック一覧です: 永田町の記者会見とブーメランと呼ばれるまでに:

« 渡辺プラン、嵐の前の静けさかそれとも他のニュースに埋もれているだけか | トップページ | 高市大臣のもっともな提言 »