« 「ブッシュのアメリカ」なることをこういうときだけ言わない人たち | トップページ | やぁ、この発言も失言だから・・・うん、「また」なんだ »

2007年2月18日 (日)

拉致に関してなおいっそうの理解と抑止力をどう向上させるかこそが重要だろう~非核だのなんだの言ってて、見渡して日本の周りは「核の脅し」を持つ国ばかり

支援は善導の手段とならず、支援は裏切られるだけではなかったか。賛否が分かれる核完全放棄が見えない合意までに至ったのは、今までの制裁があったからではないのか。

(以下、産経新聞の記事より引用)
日本も見返り支援に参加を 加藤氏「善導すべきだ」

自民党の加藤紘一元幹事長は18日のフジテレビ番組で、拉致問題で進展がなければ北朝鮮に対する見返り支援に応じないとの政府方針について「(拉致と核を)分離して考えるべきだ」と批判、各国と足並みをそろえ支援に参加すべきだとの考えを示した。「あの程度の国に不安を持つよりも善導すべきだ」とも強調した。

政府が拉致問題について各国の理解を得られたとしていることについても「外交辞令に近い。(拉致にこだわりすぎると)置いてきぼりにされる」と懸念を表明した。(2007/02/18 15:54)(引用終わり)

大体、日本が単独で経済制裁を行ったところで意味がないのであれば、日本単独で支援に参加せずともどうってこともないではないか。日本が善導せずとも、例えば韓国が善導するだろう。支援したくてしょうがない国があるのだから、支援するのであればそこに任せればいいだろう。それでも負担は平等にあるべきだというなら、国連分担金に占める日本の負担割合を8%ぐらいにしろと主張したらどうか。大体、KEDOに費やされた血税はどうなった。

この政治家のコメント読んでて(って言うか見ていたのだが)沸々とこみ上げてくるものがある。

そういえば、非核だのなんだのNPT体制の優等生だの言われ、そんな日本が核を持つとなればNPT体制を壊してしまうなどとまことしやかに喧伝されているが、それこそ外交辞令みたいなものである可能性はないのか。周辺の国で核を持ってないのは、台湾とフィリピンと韓国ぐらいで、アメリカも中国もロシアも核を持ち、北朝鮮もまた核の脅しを行使しているではないか。こうした非核、核不保持で置いてきぼりはどうするつもりか。

今乗るべきバスは、北朝鮮支援行きではなく、拉致の問題を通じて北朝鮮の人権問題にも目を向けさせる外交的努力と日本独自の抑止力を向上させるという方向に向かうバスなのではないのか。

|

« 「ブッシュのアメリカ」なることをこういうときだけ言わない人たち | トップページ | やぁ、この発言も失言だから・・・うん、「また」なんだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69096/5400876

この記事へのトラックバック一覧です: 拉致に関してなおいっそうの理解と抑止力をどう向上させるかこそが重要だろう~非核だのなんだの言ってて、見渡して日本の周りは「核の脅し」を持つ国ばかり:

« 「ブッシュのアメリカ」なることをこういうときだけ言わない人たち | トップページ | やぁ、この発言も失言だから・・・うん、「また」なんだ »