« 韓国「絶望」論、外交理念の代替は可能か | トップページ | 支持率とは何か »

2007年1月20日 (土)

オイルフォーフードの二の舞か

(以下、産経新聞の記事より引用)
対北朝鮮事業費に不正疑惑 国連、外部監査実施へ

国連開発計画(UNDP)の対北朝鮮事業費が金正日体制を支える外貨供給源として不正に流用されているとの疑惑が浮上、UNDPのメルケルト副総裁は19日の記者会見で、同日開幕した政策決定機関、執行理事会に外部監査を求める方針を表明した。潘基文国連事務総長も北朝鮮向けを含む国連の全事業について緊急点検を指示した。

UNDPによると、執行理事会は1997-2006年までに計約5900万ドル(約71億5000万円)の対北朝鮮事業を承認、うち約2800万ドルを支出した。執行理事会での討議や外部監査の結果によっては、各国や他の援助機関による、国連以外の対北朝鮮支援にも影響を与える可能性がある。

不正疑惑は、ウォレス米国連大使(改革担当)が副総裁にあてた16日付の書簡で表面化。大使はUNDPの対北朝鮮事業が「少なくとも1998年以来、金正日体制の利益のため組織的に悪用された」と批判した。(共同)(2007/01/20 10:29)(引用終わり)

|

« 韓国「絶望」論、外交理念の代替は可能か | トップページ | 支持率とは何か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69096/5012136

この記事へのトラックバック一覧です: オイルフォーフードの二の舞か:

« 韓国「絶望」論、外交理念の代替は可能か | トップページ | 支持率とは何か »