« 一蹴 | トップページ | なんと、あの「平和の海」提案は国家の機密、から見える反日でも反日で上がらない変わらない韓国 »

2007年1月 9日 (火)

良いニュースの、そういえば

そういえば、長官から大臣とはいえ総理大臣による辞令が出される。

(以下、産経新聞の記事より引用)
防衛省が発足 久間氏が初代防衛相に任命

防衛「省」昇格関連法が9日施行され、昭和29年に発足した防衛庁は約半世紀を経て「防衛省」に昇格した。久間章生防衛庁長官は同日午前、東京・市ケ谷の防衛省正門で「防衛省」と書かれた仮看板の除幕式を行った後、首相官邸で安倍晋三首相から補職辞令の交付を受け、初代の防衛相に任命された。

同省ではその後、首相や久間防衛相、歴代長官が出席して省移行記念式典が行われた。首相は同省や自衛隊の幹部に「省昇格で国防と国際社会の平和に取り組むわが国の姿勢を明確にすることができた。これは、戦後レジーム(体制)から脱却し、新たな国造りを行うための基礎、大きな第一歩となる」と訓示した。また、政府の憲法解釈で禁止されている集団的自衛権の行使について「個別具体的な事例に即して、清々と研究を進める」と述べた。

久間氏も「北朝鮮による弾道ミサイル発射や核実験実施の発表などわが国周辺の安全保障環境は引き続き厳しく、平和と安定のための国際社会の取り組みにより積極的に対応していく必要がある。防衛省は名実ともに政策官庁として脱皮していく必要がある」と訓示し、政策立案能力の発揮を求めた。

昭和29年、総理府(現・内閣府)の外局として設置された防衛庁の役割は長く自衛隊の人員や予算の管理に止まっていた。しかし、冷戦終結後に国連平和維持活動(PKO)やイラク人道復興支援活動など自衛隊の海外活動が活発化し、日米同盟が強化されると、政策官庁としての役割も求められるようになった。

省昇格で自衛隊の海外活動は、これまでの「付随的任務」から「本来任務」に格上げされる。「国の防衛」の主任大臣はこれまでの首相から防衛相に移るが、シビリアンコントロール(文民統制)確保の観点から、自衛隊の最高指揮官としての権限は引き続き首相が持ち、防衛出動や治安出動の命令を行う。(2007/01/09 11:46)(引用終わり)


|

« 一蹴 | トップページ | なんと、あの「平和の海」提案は国家の機密、から見える反日でも反日で上がらない変わらない韓国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69096/4870329

この記事へのトラックバック一覧です: 良いニュースの、そういえば:

» 防衛省 発足 [王様の耳はロバの耳]
防衛省が発足、「庁」設置から53年経て格上げ(読売新聞) - goo ニュース 昨日9日朝 久間防衛省大臣が「防衛省」の看板への架け替え、その後儀杖兵の栄誉礼を受けて登庁(いや登省かも)していましたね {/hiyoko_cloud/} 昨年の春は防衛施設庁の官製談合問題で施設庁の解体が話題になり、夏以降は北朝鮮のミサイル発射と核実験という外的脅威 加えて「郵政解散」による自民の圧勝を梃子にあれよあれよと言う間に「防衛省」昇格�... [続きを読む]

受信: 2007年1月10日 (水) 10:19

« 一蹴 | トップページ | なんと、あの「平和の海」提案は国家の機密、から見える反日でも反日で上がらない変わらない韓国 »