« 一昔前から6カ国協議に関してはこうしたことが言われていたらしいが、ついに | トップページ | まさかここまで »

2006年12月 7日 (木)

ではなぜ、公教育は国家管理だと言って廃止・民営化を叫ばないのですか?

教育基本法改正で国家が教育の方向性を歪めると言ったことを聞く度に、そういう人に「郵政民営化の次は教育民営化ですか」と聞きたくなるのである。

(以下、日本海新聞の記事より引用)
教育基本法改正反対キャラバンが鳥取県入り

日教組が全国で展開中の「教育基本法改悪阻止!」と題した全国キャラバンのキャラバン旗が二十七日、鳥取県入りし、鳥取市尚徳町の県民文化会館前広場で鳥取県教組、県高教組の職員らが出発式を行った。この日から三日間、組合員が街宣車に乗り込み、県内各地区でビラを配布するなどして教育基本法改正反対を訴える。

出発式では、県高教組の福田幸夫委員長が「第二の憲法である教育基本法は、権力を持つ人が暴走しないように国民が足かせをかけるものだが、このままでは国の都合の良いものにされてしまう」と主張。

県教組東部支部の細砂直書記長が「野党欠席のまま数の暴挙で採決されたことを徹底的に糾弾し、廃案になるまで戦う」と決意表明した。

二十八日は中部地区、二十九日は西部地区を回り、二十九日に島根県に引き継ぐ予定。(引用終わり)

権力を持つ人が暴走してしまう、そう言うのならば権力装置の最たる国家が教育を左右せぬよう教育の民営化を唱えられたらいかがか、小生などド素人にはどうしてもそう思えてならない。

手始めに義務教育国庫負担金内容を精査し、一部をバウチャーの財源に充て、、5W1H(そう、小ブログの雑な文章に一番欠けているもの)「いつ・どこで・だれが・なにを・なぜ・どのように」に加えて、6W2H、「だれによって・いくらかけて」というものが柔軟である教育システム構築に当てるなどしてはどうかと。

「ろくでなしの公務員」-数多くの人々、少なくとも小生などは、最近のニュースを見て、なぜかくも卑劣な人間が、素晴らしい数多くの恩師と同じ呼び方で呼ばれているのか。それは先生と心から呼べる先生に失礼だし、そうした先生に教壇に立って欲しい、そして立ち続けて欲しいと願っている-、「ろくでなしの公務員」につぎ込まれるのではなく、真に必要とするものに対して配分され、選択の幅を広げるべきなのではないか。

(以下、毎日新聞の記事より引用)
私立中高校:経済的理由の中退生徒85人に 200校調査

親のリストラなど経済的理由で今年度上半期、私立中学・高校を中途退学した生徒が、23都道府県の計200校だけで85人に上り、3カ月以上の学費滞納者も3083人いることが全国私立学校教職員組合連合の調査で分かった。私立高校生らは10日、東京都千代田区で私学助成金の増額などを求め全国集会を開く。

集会に向け署名活動を続けている京都市の私立高校2年、まどかさん(17)=仮名=は、父親の蒸発や同級生からのいじめなどを苦に、一時は自殺も考えた。

まどかさんは、幼稚園の時から私立に通っている。小学2年の時、大企業に勤めていた父が蒸発。祖父母の年金で通学を続けたが、「私が私学に通っているから大変なんや」と自殺願望が芽生えた。中学ではいじめに遭い、何度も手首を切った。

京都府南部の20校の私立中学・高校生約4500人が参加し11月5日に開かれた「私学フェスティバル」の実行委員として、私学助成や子どもの権利条約を考えるフォーラムに参加、メンバーと悩みを分かち合った。「親が離婚しそうで、これからも学校に通えるか不安」「いじめている側にも不安やストレスがあったのでは」。まどかさんも初めて、体験を話した。「私学に通っていいんだ、輝いて生きる権利があるんだと、みんなに教えられた」

11月12日には、京都・河原町を約800人でパレード。私学負担を公立並みにする助成金増額を訴え、文部科学相あての署名活動も始めた。まどかさんが集めた署名は、2000人分を超えた。

まどかさんたちの活動の背景には、深刻な公私間の格差がある。今年度、京都府の高校生1人当たりの私学助成金は32万8000円。一方、公立教育費は120万円台と約4倍の開きがある。ある私立高校の今年度の学費は93万8000円に対し、公立は12万円。10年前と比べ私立では約30万円上がったが、公立では1万円増にとどまっている。【中尾卓英】毎日新聞 2006年12月7日 19時18分(引用終わり)

|

« 一昔前から6カ国協議に関してはこうしたことが言われていたらしいが、ついに | トップページ | まさかここまで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69096/4465121

この記事へのトラックバック一覧です: ではなぜ、公教育は国家管理だと言って廃止・民営化を叫ばないのですか?:

« 一昔前から6カ国協議に関してはこうしたことが言われていたらしいが、ついに | トップページ | まさかここまで »