« 欠席に対するはじめ厳しいが融通無碍となる自民・不問の民主といった対応の違い | トップページ | 国会の議席は地方の首長になるための腰掛けではないんだから、民主党・荒井聡衆院議員の「今の時期は国政を全うしたい」が正論、のはずなのだが »

2006年12月 2日 (土)

ある歴史観に気にくわなければ乱入・乱闘、韓国の価値観対立が一気に露出

先日、韓国に関して激震とか揺れていると記したが、動乱と記した方が近いのかも知れない。ドラマを見て価値観が似ていますなんていえる状況では全くない。最近、ホームページをリニューアルした産経新聞から。

(以下、産経新聞の記事より引用)
【ソウルからヨボセヨ】ゲンコツ歴史観

韓国でも教科書問題が起きている。日本との問題とは別に韓国の現行教科書に近年、左翼的偏向が目立つためこれを正そうというわけだ。90年代以降、韓国社会が親北・左傾化したため教科書や教育現場もその影響を受けているのだが、これに対し保守派や右派の知識人たちが反撃に乗り出し、まともな教科書を作ろうという動きになっている。韓国版・自由主義史観運動といったところか。

現行教科書の左翼史観というのは、韓国の国家的発展は軽視、無視し反政府闘争を大きくたたえるというのがそうだ。一種の“デモ史観”みたいなもので、たとえば1960年の「4・19学生革命」とか80年の「5・18光州民主抗争」など反政府運動が歴史の中心的出来事だったかのように記述し、一方で韓国に近代化と経済発展をもたらした朴正熙政権時代(61~79年)は軍事クーデター政権として否定的に見る。

保守派の「教科書フォーラム」は新しい教科書作りを目指してこのほどセミナーを開いたのだが、これに反対する勢力が会場になだれ込みゲンコツを振るってセミナーを中止させてしまった。『親日派のための弁明』の著者・金完燮氏も先に国会(!)公聴会や法廷で傍聴の反対派に殴られている。韓国では異なる歴史観はゲンコツで粉砕される。(黒田勝弘)(2006/12/02 11:50)(引用終わり)

朝鮮日報では写真付きで。

(以下、朝鮮日報の記事より引用)
乱闘騒ぎで修羅場と化した「代案教科書」シンポジウム

ニューライト団体「教科書フォーラム」が主催し、「代案教科書」について討論するために開かれた学術シンポジウムが、4・19革命(1960年に不正選挙の結果を不服とした民衆デモにより、当時独裁体制を敷いていた李承晩〈イ・スンマン〉大統領が下野した事件)関連団体の会員らによって会場を占拠され、中止に追い込まれた。

4・19民主革命功労者会など、3団体の会員80人余りは、先月30日午後2時23分ごろ、ソウル大師範学部教育情報館で開かれていたシンポジウム会場に乱入し、演壇をひっくり返し、シンポジウムに出席していた教授らと激しいもみ合いを繰り広げた。乱入時は「韓国近現代史代案教科書、このように書き改めました」という主題に関する基調講演を終え、本格的な発表を始めようとしていたところだった。

会場に乱入した会員らは「4・19革命を学生運動におとしめた教科書フォーラムは、活動を直ちに中断せよ」などのスローガンを叫びながら机をひっくり返し、イスやマイクを投げつけた。

会員らはこの過程で、討論者として出席していたソウル大経済学科の李栄薫(イ・ヨンフン)教授の胸ぐらや首をつかんで引きずり倒した。また、教科書フォーラムに所属してはいないものの、討論者として壇上にいた慶煕大の許東賢(ホ・ドンヒョン)教授、司会を務めていた延世大の柳永益(ユ・ヨンイク)客員教授もつかみ合いを止めようとして打撲傷を負った。さらに、数人の会員らが客席にいたソウル大の安秉直(アン・ビョンジク)名誉教授(ニューライト財団理事長)にコーヒーをぶちまけ、足げにした。

4・19民主革命会所属と名乗るアン・スンギュン氏は「憲法前文にも“4・19革命精神を継承する”という表現が盛り込まれているのに、(代案教科書が)4・19を革命ではなく学生運動におとしめたことは、到底我慢できない」と主張した。

教科書フォーラム側は、午後2時45分ごろに行事の中止を宣言し、行事会場を占拠していた会員らは午後3時ごろに解散した。教科書フォーラムの朴孝鍾(パク・ヒョジョン)共同代表は「もはや公開で討論会を開催するのは不可能なようだ。来年3月に予定されている代案教科書の出版も、スケジュール調整が避けられなくなった」と語った。(引用終わり)

|

« 欠席に対するはじめ厳しいが融通無碍となる自民・不問の民主といった対応の違い | トップページ | 国会の議席は地方の首長になるための腰掛けではないんだから、民主党・荒井聡衆院議員の「今の時期は国政を全うしたい」が正論、のはずなのだが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69096/4403861

この記事へのトラックバック一覧です: ある歴史観に気にくわなければ乱入・乱闘、韓国の価値観対立が一気に露出:

» フィジー、軍部隊がクーデターで首相自宅を包囲! [今日の気になるニュース@総合]
南太平洋の島国フィジーの首都スバで、首相公邸前に集まった報道陣を排除する軍兵士 5日、南太平洋の島国フィジーで、首都スバにあるフィジーのライセニア・ガラセ首相の自宅をフィジーの軍部隊が包囲しました。 フィジーの軍部隊は約1時間で立ち去りましたが、首相を含むフィジーの閣僚の公用車を押収しました。 ロイター通信によると、フィジーのライセニア・ガラセ首相は「自宅軟禁下に置かれた」と伝えました。 また、�... [続きを読む]

受信: 2006年12月 6日 (水) 03:44

« 欠席に対するはじめ厳しいが融通無碍となる自民・不問の民主といった対応の違い | トップページ | 国会の議席は地方の首長になるための腰掛けではないんだから、民主党・荒井聡衆院議員の「今の時期は国政を全うしたい」が正論、のはずなのだが »