« まさかここまで | トップページ | 何を言っているのやら »

2006年12月 9日 (土)

白上げて、白上げないで、白上げる

劇場型ではないが、調整しながらも通していく。そんな感じなのだろうか。

(以下、産経新聞の記事より引用)
教育再生会議、「懲戒許さず」の通達見直しを提言へ

安倍晋三首相の諮問機関「教育再生会議」(野依良治座長)は9日、都内のホテルで、来年1月下旬の中間報告策定に向けた3分科会の集中討議を行い、2日間の日程を終えた。「規範意識・家族・地域教育再生」がテーマの第2分科会では、悪質ないじめを繰り返すなど、特に問題のある児童でも、授業を受けさせない「懲戒」は許されないとした昭和23年の法務庁(現法務省)通達は見直すべきだとの意見が続出。新指針づくりを検討することで合意した。

討議では、「通達は今日はそぐわない。一日も早く(省令を)改正すべきだ」との認識でほぼ一致した。ただ、いじめ加害児童に対し、実際に「出席停止」措置を取ることには意見が分かれ、結論は出なかった。中間報告では「出席停止」を他の言葉に置き換え、何らかの措置と実施基準が盛り込まれる見通しだ。

これに関連し、中間報告では「いじめ問題を柱に据えて提言する」(池田守男・第2分科会主査)ことも決めた。

このほか、社会や他人への奉仕の精神、優しさ、友情、親孝行-といった「徳目」を身につける上での読書の重要性が改めて指摘された。一部学校で実施されている始業前10分間の「読書の時間」を全国普及することなどを目指す。登下校時や給食時のあいさつの督励を普及させていく。

教育理念や、大学・大学院改革について検討する第3分科会は、国際競争力の低下傾向が指摘される大学院を強化する計画「プロジェクトX」を、来夏をめどに策定する。「X」に大学卒業後の学習・研究年限は多様という意味を込めた。

再生会議は今後、分科会や全体会議で1、2回協議した上で、中間報告をまとめる方針だ。(2006/12/09 23:51)(引用終わり)

|

« まさかここまで | トップページ | 何を言っているのやら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69096/4487312

この記事へのトラックバック一覧です: 白上げて、白上げないで、白上げる:

« まさかここまで | トップページ | 何を言っているのやら »