« 結果的にはテレビ各局の出口調査の総結果は当たっていたのか | トップページ | 一昔前から6カ国協議に関してはこうしたことが言われていたらしいが、ついに »

2006年12月 5日 (火)

竹島の不法占拠を続け、強化する韓国

「支持率の低下」というとどのあたりの水準の数字を言うのだろうといぶかしげに思うこともあるが、盧武鉉大統領の支持率もウリ党の支持率は極めて低い。

(以下、朝鮮日報の記事より引用)
与党支持率、2週連続で1ケタ台に

与党ヨルリン・ウリ党の支持率が2週連続で1ケタ台を記録したことが分かった。

世論調査専門機関のリサーチ・アンド・リサーチが、ジョインス・ドットコムとメディア・ダウムの依頼で先月29日に実施した全国の成人700人を対象にした電話調査によると、ウリ党の支持率は8.3%だった(標本誤差95%、信頼水準プラスマイナス3.7%)。その他の政党の支持率は、ハンナラ党42.2%、民主労働党6.1%、民主党5.7%。なお、1 週間前の同機関の調査では、ウリ党の支持率は8.8%だった。

世論調査の専門家らは「与党の支持率が1ケタ台に転落したのは非常に珍しい現象」と評した。1980年代後半から体系的に政党支持率を調査してきた韓国ギャロップの資料によれば、与党の支持率が10%を下回ったことはこれまで1度もなかったという。通貨危機が発生した97年末でも、金泳三(キム・ヨンサム)元大統領の支持率が1ケタ台を記録したものの、当時の与党(新韓国党)の支持率は20%以上を記録していた。

またこの調査による大統領選挙候補の支持率は、李明博(イ・ミョンバク)前ソウル市長32%、朴槿恵(パク・クンヘ)前ハンナラ党代表20.8%、高建(コ・ゴン)元首相13.1%、イ・ヘチャン前首相3.4%、孫鶴圭(ソン・ハクキュ)前京畿道知事2.7%、鄭東泳(チョン・ドンヨン)元ウリ党議長(代表にあたる)2.3%、金槿泰(キム・グンテ)ウリ党議長1.3%だった。

一方、MBCがコリアリサーチに依頼し、先月30日に全国の成人1,009人を対象に実施した電話調査では、李明博前市長34.1%、高建元首相22%、朴槿恵前代表18.1%、鄭東泳元議長2%、孫鶴圭前知事1.5%の順だった(標本誤差95%、信頼水準プラスマイナス3.1%)。この調査では、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領の「任期を全うできない」「離党する用意がある」といった最近の発言について、77%が不適切な発言だったと答えた。(引用終わり)

となると出てくるのが、民族主義をかき立てる政策。で、竹島。反日政策で支持率が上がり、政治基盤を補修するといった方策は時代遅れのように思えるが。

(以下、毎日新聞の記事より引用)
竹島訪問:規制を大幅緩和へ 韓国文化財庁

【ソウル堀山明子】聯合ニュースは5日、韓国文化財庁の文化財委員会がこのほど、日韓が領有権を主張する竹島(韓国名・独島)の訪問客数を現在の1日400人から1880人に緩和する方針を決めたと報じた。来年1月から緩和されるが、厳冬期は上陸が困難なため、3月以降に観光客は増える見通し。

同島の領有の実効性を高め、観光産業を活性化するために地元の慶尚北道や鬱陵郡が規制緩和を同庁に要請していた。

韓国では、昨年3月に島根県で竹島条例が成立したことへの反発から、韓国政府と地元自治体が自然環境を破壊しない範囲で観光客を増やす政策を進めている。今年3~10月に同島を訪れた人は前年同期比129%増の4万3598人。上陸しないで竹島周辺を航行する旅客船で観覧した人は7万3545人と、前年から倍増した。毎日新聞 2006年12月5日 21時45分(引用終わり)

|

« 結果的にはテレビ各局の出口調査の総結果は当たっていたのか | トップページ | 一昔前から6カ国協議に関してはこうしたことが言われていたらしいが、ついに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69096/4443296

この記事へのトラックバック一覧です: 竹島の不法占拠を続け、強化する韓国:

« 結果的にはテレビ各局の出口調査の総結果は当たっていたのか | トップページ | 一昔前から6カ国協議に関してはこうしたことが言われていたらしいが、ついに »