« 参院自民党幹部「参院の民主党は一筋縄ではいかない」と毎日新聞が報じている、つまり | トップページ | はてな、な和歌山知事選 »

2006年11月22日 (水)

造反組と組む自民党が古い自民党なら、共産や社民や国民新党と組む民主党はなんと呼ぶべきなのだろうか

このところ民主党ネタが多いので、民主党ウィークて銘打っちまおうかと思いながら、雑につらつら想ったことを記して録していこうと思います。

国会議員のブログやメルマガポータルサイトからメルマガのRSS配信されたのをぱぱっとFirefoxのsageで読んでいて、民主党議員のでやたらに目につくのが要するに「俺たちは悪くない、審議拒否しているのはむしろ与党だ」というもの。言ってることは分かるが、んなもん理解できるわけねーだろと思いながらも読み進めると、そのまま締めくくられたり、「これで良いのか考えています」と言うようなことまでも記しているものもある。そして毎日新聞の記事にあるように、厳しい指摘をしている議員もいる。が、なぜかそれは代議士会では反映されなかったようだ。

(以下、毎日新聞の記事より引用)
民主党:今後も野党共闘路線を継続

民主党は22日、国会内で代議士会を開き、同日から国会審議に復帰した経緯を鳩山由紀夫幹事長ら党執行部が説明、了承された。共産、社民などとの野党共闘で審議拒否戦術を取ったことには党内の保守系議員を中心に反発が広がっていたが、代議士会の発言者はゼロ。野党統一候補が敗れた19日の沖縄県知事選についても責任追及の声は上がらず、表立った党内論議のないまま小沢一郎代表の野党共闘路線は継続されることになった。

「(成果が)十分でなかったことは批判を甘んじて受けたい」。代議士会で高木義明国対委員長は与党から目立った譲歩を勝ち取れなかった国会対応を釈明。鳩山氏も「至らぬ点が多々あった。責任を痛感している」と自らの責任に言及した。

党独自の政策を立案して政権担当能力を示す「対案路線」と、与党との対立構図を鮮明にするため野党共闘を重視する「対決路線」の間で揺れてきたのが民主党の歴史。対決路線を徹底する小沢氏に対しては、長島昭久政調副会長が自身のホームページで「野党共闘路線は破たんした」と、沖縄知事選の敗北や審議拒否の失敗を批判するなど不満もくすぶる。

一方、他の野党は審議復帰へ転換した民主党の対応を「腰砕け」とみる。国民新党の亀井静香代表代行は22日の記者会見で「国会で(与党と)じゃれ合って(選挙の)現場で戦いはできない」と批判。社民党の福島瑞穂党首も「民主党がリーダーシップを発揮して果敢に戦ってくれることを期待する」と注文をつけた。【山田夢留】毎日新聞 2006年11月22日 19時16分(引用終わり)

長島昭久議員のブログの内容がマイルドに紹介されているが、実のところ長島議員は例え話を用いてもっと鋭く批判している。「あの頑迷なブッシュ大統領も民意の審判を潔く受け入れ」、であるとか、「しかし、そうやって、旧帝国陸海軍は」と。小生など政治を知らないド素人は、じゃぁ何で代議士会で責任追及の声が出なかったと報じられているのかと首をかしげたりもするのだが。

あの岡田元代表もいろいろなことを記している。こちらは全く批判するような感じはしない。それどころか執行部を批判する向きに、そういうことをいつまでやってるつもりだ、と現執行部に批判的な議員に釘を刺しているような感じすら抱く内容である。しかし、「和歌山はなかなか民主党にとって厳しいところですから、候補者を出すことが出来るのかどうか、私はいい候補がいれば別ですが、そうでないのであれば、あまり無理をしないほうがいいように思います。」という箇所もある。くどくなるが、総じて批判的な内容ではなく、支えていこうという内容なのだが、引用した箇所気にならないわけがない。

長島・岡田両民主党議員のブログからチョコちょこっと抜き出したりしただけなので、詳細は是非リンク先で。

長島議員の「長島昭久 WeBLOG 『翔ぶが如く』」。以前から、野党共闘には批判的だった。抜き出してきた部分元のタイトルは「面舵いっぱい! 方向転換する勇気」。現時点での最新のエントリーは、「アメリカ中間選挙の総括」。単純にイラク戦争が泥沼だから撤退を訴えているアメリカの民主党が勝ったんだとか、ラムズフェルド氏の辞任で、米軍再編にもかげりで沖縄の基地問題にも日本側にとって良い影響とかなんて思っている人が、もしいたら是非読んで欲しい内容。(小生のようなド素人は、二回ほど辞意表明していた人物を更迭って・・・せめて事実上とかカギ括弧つきなんじゃないのかと思ったりもしましたが、さすが外交安保のプロだなぁと思いました。こうした内容を一つのエントリーでって言うのはそうそうお目にかかれるものじゃないです。)

岡田元代表の「岡田かつや TALK-ABOUT」。抜き出してきた部分元のタイトルは、「沖縄と福島の知事選、福岡市長選での民主党の健闘」。例の対立候補擁立に批判的な感じがする部分以外、総じて批判的ではないばかりか、積極的に支えていこうという内容。あの部分だけサウンドバイトされてしまうと、全く異なった情報になってしまう怖さを少し感じたりもする。

岡田元代表のブログの中で特にすごいのが、「小泉政治との5年 ~改革と外交を検証する~」というエントリー。そのエントリーはタイトルの後、「はじめに」から始まり、末尾に「目次・本文はこちら」とリンクが張られていることからも分かる通り、岡田元代表が5年間小泉前総理とどう対峙してきたかを一冊の本に匹敵するボリュームにまとめられたものの導入部分にあたるのだ。
一読してみて、やっぱり外交とかの部分でやっぱり小生は岡田元代表って支持できないなと思ったりしたが、しみじみと「政治家・岡田克也」がいかに国民に対する説明責任を重視し、実直な人であるかを感じた。時間をもっとかけて読んでみたい内容でもある。やもすれば「四角四面」であるとされたり、そういう面をニュースからも感じたりもしていたが、あらゆる意味で高くついたやらせのタウンミーティング責任者には是非とも岡田元代表の爪の垢を煎じて飲んでいただきたいものである。

|

« 参院自民党幹部「参院の民主党は一筋縄ではいかない」と毎日新聞が報じている、つまり | トップページ | はてな、な和歌山知事選 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69096/4282248

この記事へのトラックバック一覧です: 造反組と組む自民党が古い自民党なら、共産や社民や国民新党と組む民主党はなんと呼ぶべきなのだろうか:

» ラムズフェルド、更迭前にイラク政策の失敗認め修正進言していた! [今日の気になるニュース@総合]
11月の中間選挙後に更迭されたドナルド・ラムズフェルド氏 米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は2日、ラムズフェルド国防長官が11月の中間選挙後に更迭される2日前にホワイトハウスに送った極秘メモで、イラク政策についての失敗を認め大幅な修正を進言していたと報じました。... [続きを読む]

受信: 2006年12月 4日 (月) 04:30

« 参院自民党幹部「参院の民主党は一筋縄ではいかない」と毎日新聞が報じている、つまり | トップページ | はてな、な和歌山知事選 »