« タウンミーティング質問を「やらせ」る内閣府や文科省、「お願い」は徹底しても学習指導要領を徹底しようとしない教育委員会もいじめや未履修現場の教職員共々「整理する」を、公労組の支援を受けている民主党が審議拒否をしている間に進めてしまえ | トップページ | 「しがらみがない」の自民・民主の逆転現象、造反議員復党が影響したような、他 »

2006年11月12日 (日)

中国の民主化が必要であるということをしっかりと発信できる希有な政治家

その一人が民主党の枝野議員である、と言っても過言ではないだろう。

(以下、共同通信の記事より引用)
中国の民主化が必要 ダライ・ラマと枝野氏

来日中のチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世は11日、都内のホテルで超党派の「チベット問題を考える議員連盟」の枝野幸男代表と会談した。

中国に対して「高度のチベット自治」を求めている14世は「大きな竜(=中国)がどのように動きだすか周辺国が分からない状態だ」とした上で「民主化すれば予測が可能になり竜も穏やかになる」と指摘した。

枝野氏も「法王がチベットに戻り、皆さんと信じる宗教に基づき自治を確立した時が民主化された時」と述べ、自治実現には中国の民主化が不可欠との認識を示した。

中国はチベット独立の精神的象徴でもある14世を「分裂主義者」と批判、日本入国そのものに反対している。今回、14世が日本の政治家と会談した上、中国の政治体制の是非に言及したことで中国の反発も予想される。(引用終わり)

(以下、日本経済新聞の記事より引用)
ダライ・ラマ14世、民主の枝野氏と会談

チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世は11日、都内で超党派の「チベット問題を考える議員連盟」代表を務める民主党の枝野幸男衆院議員と会談した。

14世は「大きな竜(=中国)がどのように動きだすか周辺国が分からない状態だ。民主化すれば予測が可能になり、竜も穏やかになる」と指摘。枝野氏は「法王がチベットに戻り、自治を確立したときが民主化されたとき」と述べた。

中国はチベット独立運動の精神的象徴である14世の日本入国に反対している。(20:00)(引用終わり)

|

« タウンミーティング質問を「やらせ」る内閣府や文科省、「お願い」は徹底しても学習指導要領を徹底しようとしない教育委員会もいじめや未履修現場の教職員共々「整理する」を、公労組の支援を受けている民主党が審議拒否をしている間に進めてしまえ | トップページ | 「しがらみがない」の自民・民主の逆転現象、造反議員復党が影響したような、他 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69096/4152954

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の民主化が必要であるということをしっかりと発信できる希有な政治家:

« タウンミーティング質問を「やらせ」る内閣府や文科省、「お願い」は徹底しても学習指導要領を徹底しようとしない教育委員会もいじめや未履修現場の教職員共々「整理する」を、公労組の支援を受けている民主党が審議拒否をしている間に進めてしまえ | トップページ | 「しがらみがない」の自民・民主の逆転現象、造反議員復党が影響したような、他 »