« はてな、な和歌山知事選 ver1.2 | トップページ | 日教組、年末ジャンボ何とか三億円 »

2006年11月24日 (金)

民主党の「大本営発表」

(以下、民主党ウェブサイトのニュースの記事より引用)
2006/11/19 糸数候補、惜しくも届かなかったが、野党協力の成果残す

現職知事の任期満了により行われた沖縄県知事選挙は19日投票が行われ、即日開票の結果、民主党はじめ8党会派が推薦、支持した糸数けいこ候補は、あと一歩届かず、当選を逃した。

22時半前に開票センターに姿を見せ、支持者、支援者らとともに、開票の模様を静かに見守っていた糸数候補は、結果を受けて、詰めかけた支持者らに深く頭を下げ、「皆さんのおかげでここまで県民の思いを結集できたと思う。ありがとうございました」と感謝の言葉を述べた。

記者団からの敗戦の要因はとの問いには、「スタートの出遅れがあり、有権者にしっかりと政策を浸透できなかった」と答え、事前の準備期間の短さをあげた。

また、野党間の連携に関する問いには「野党はしっかりと纏まって頑張った。共闘を組んで勝てるチャンスだと思っていた」と話し、「結束をして戦うこと、共闘し組んでやることは今後もある」と答え、自公政権を倒すためにも、この後も一致協力するところはして、力をひとつにして戦うことは重要との考えを示した。(引用終わり)

(以下、民主党ウェブサイトのニュース記事より引用)
2006/11/19
福岡市長選で民主推薦・吉田氏圧勝 来年に向け重要拠点確保

任期満了に伴う福岡市長選挙は19日投票、即日開票されて、民主党推薦の吉田宏氏が3選を目指した自民党推薦の現職、山崎広太郎氏を約2万票差で破り、初当選を果たした。これにより民主党は、来年の北九州市長選、福岡県知事選、さらに参院選挙に向けて、重要な拠点を築いた。

当選確定後、吉田氏は選挙事務所で多くの支持者に囲まれ、「福岡を変えようという市民の強い意思が新人の私を押し上げてくれた」と、幅広い市民の協力に感謝を表明。また、懸案の福岡市財政の再建について「どうすれば実現できるか、できるだけ早く具体策を検討したい」と、決意を語った。(引用終わり)

|

« はてな、な和歌山知事選 ver1.2 | トップページ | 日教組、年末ジャンボ何とか三億円 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69096/4298848

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党の「大本営発表」:

« はてな、な和歌山知事選 ver1.2 | トップページ | 日教組、年末ジャンボ何とか三億円 »