« はてな、な和歌山知事選 ver1.4 | トップページ | 謹告:大幅リニューアルのお知らせ »

2006年11月27日 (月)

政党の新しいかたちを示せ-郵政反対という公約を反故にした上に平沼議員を見捨てた「造反組」、ハードルを転かさずにちゃんと跳ぶのか国民にも誓約を、自民党もである/こういう時期だから変に目立つどさくさ紛れの民主党。基礎年金全額税負担方式は?

ハードルにこだわった平沼議員は、やはり自らの信条も公約も守る政治家なのだろう。ハードルを設けるなら、それを跳ぶ政治家だからこそハードルにこだわっているように見えた。平沼議員、国民新党の綿貫代表や亀井代表代行や亀井幹事長、新党日本の滝総務会長らは総選挙での一つの公約を本会議でしっかりと果たした。

それに引き換えである。他のいわゆる「造反組」は、自ら設けた公約というハードルを昨年の本会議で思いっきりこかした。そうした政治家が復党しようとなにか書面にサインしようとするとき、それ以上に国民や選挙区の有権者に対する説明が必要だと思わないのだろうか。自民党も自民党で、それだけでよいと考えているのであれば、あまりに甘すぎる。

(以下、毎日新聞の記事より引用)
造反組復党:安倍首相が了承 平沼氏を除く11人

郵政民営化法案に反対し自民党を離党した平沼赳夫元経済産業相ら無所属衆院議員12人の復党問題で、安倍晋三首相は27日の党役員会で、平沼氏を除く11人の復党を了承した。12人は同日復党願を党に提出したが、平沼氏は条件とされた郵政民営化に賛成する誓約書の提出を拒んだため、復党は見送られた。11人の復党は、来月4日にも開かれる党紀委員会で正式に了承される見通し。

安倍首相は役員会で、復党願とともに郵政民営化賛成などを確約した誓約書を提出した野田聖子元郵政相ら11人について「復党の条件を満たしており審査の手続きに入ってほしい」と指示した。誓約書には「郵政民営化を含む政権公約の実現にまい進する」「誓約に違反した場合は議員を辞職する」などの文言が盛りこまれているが、一部議員は「議員を辞職する」との表現を「自ら身を処す」と修正した。首相は平沼氏については「残念ながら条件に同意を得られていない」と述べ、審査の対象外とした。平沼氏は当面、無所属で活動する。

11人の復党で、自民党所属衆院議員は305人に増える。年内に復党すれば来年の同党への政党交付金は約2億5500万円増額する計算となり、早期復党を党が急いだ一因とみられる。今後は復党する議員の小選挙区での公認調整が焦点となる。落選組の処遇も課題となるが、来夏参院選に立候補する場合、復党を容認する意見も浮上している。【鬼木浩文】毎日新聞 2006年11月27日 21時31分 (最終更新時間 11月27日 22時52分)(引用終わり)

民主党も民主党である。自民党が郵政民営化なら、民主党は郵政だけが争点ではない、基礎年金は全額税負担方式にする、3%ぐらいの福祉目的消費税を導入するといった主張で戦ってきたのではないか。

(以下、日本経済新聞の記事より引用)
民主、消費税率上げ撤回・基本政策、28日にも原案

民主党は来夏の参院選での公約の土台となる基本政策の原案を28日にもまとめる。社会保障政策の柱となる年金改革では、国民年金(基礎年金)も含むすべての年金を一元化する方針を堅持する。ただ基礎年金の「全額税負担」は改め、年金財源としての消費税率の引き上げも撤回する。小沢一郎代表の意向を強く反映した形だが、党内には従来の政策との整合性を巡って戸惑いの声も上がっている。

民主党は昨年9月の衆院選のマニフェスト(政権公約)ですべての年金を一元化し、全額税方式で一律給付する基礎部分と保険料に応じて給付額が変わる所得比例部分の2階建て方式を主張。基礎年金の財源には税率3%を想定した年金目的消費税を導入し、足りない分も税金で賄うとしていた。この方針だと消費税率は現在の5%から8%に上がる。 (07:03)(引用終わり)

そして、小沢代表の地方首長選挙対抗候補を立てるというやり方も撤回。
(以下、日本経済新聞の記事より引用)
和歌山県知事選、民主県連が候補擁立断念

和歌山県発注の工事を巡る談合事件で逮捕された木村良樹知事の辞職表明に伴う出直し知事選(30日告示、12月17日投開票)について民主党和歌山県連は 27日午後、和歌山市内で常任幹事会を開き候補者の擁立を断念し自主投票とすることを決定した。県連は26日には、党本部に状況を説明し了承を得ている。

同知事選には経済産業省出身の仁坂吉伸氏(56)=自民推薦、市民団体代表の泉敏孝氏(69)=共産推薦=が、すでに出馬を表明している。 (13:11)(引用終わり)

「融通無碍の与党」と「何でも反対の野党」という時代は終わった、というのが「911の小泉総選挙」ではなかったか。いつまでも自民党は復党ありとか融通無碍なところを残し、いつまでも民主党はころころ方針変える体質を改善しない、なんてのを続けてないで、まずはホームページに公約を掲げ、その実現のためにどのような立法活動を行っているのかを分かりやすく掲げるところから始めたらどうか。

|

« はてな、な和歌山知事選 ver1.4 | トップページ | 謹告:大幅リニューアルのお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69096/4333899

この記事へのトラックバック一覧です: 政党の新しいかたちを示せ-郵政反対という公約を反故にした上に平沼議員を見捨てた「造反組」、ハードルを転かさずにちゃんと跳ぶのか国民にも誓約を、自民党もである/こういう時期だから変に目立つどさくさ紛れの民主党。基礎年金全額税負担方式は?:

» ブログのタイトル名に悩むの巻 [花咲かオジサンの日記]
定年を迎えて、第二の人生へスタートを切った、熟年男性の再チャレンジ日記です。果たして、残る人生に花は咲くのでしょうか?皆さん応援してくださいね・・・。 [続きを読む]

受信: 2006年12月 6日 (水) 23:29

« はてな、な和歌山知事選 ver1.4 | トップページ | 謹告:大幅リニューアルのお知らせ »