« すでに欺かれたくせに、一杯やろうどころか一杯喰わされるだけなのではないか | トップページ | 中国の民主化が必要であるということをしっかりと発信できる希有な政治家 »

2006年11月11日 (土)

タウンミーティング質問を「やらせ」る内閣府や文科省、「お願い」は徹底しても学習指導要領を徹底しようとしない教育委員会もいじめや未履修現場の教職員共々「整理する」を、公労組の支援を受けている民主党が審議拒否をしている間に進めてしまえ

タイミングも公務員定数や給与改革にうってつけなのではないか。タウンミーティングにおけるやらせ質問をさせる一部の内閣府職員、一部の文部科学省職員、そんな質問の「お願い」は聞いても学習指導要領に関しては徹底させようとしない一部の教育委員会職員、そしてさまざまな問題や事件を引き起こす一部の現場教職員。まとめてやったら、ずいぶんすっきりとするのではないか。

それにしても、いじめ荷担や性犯罪を起こしたのはとかく「一部の先生」と強調されるのに、どうしてやらせのタウンミーティングは「政府与党全体の問題」とまで言われるんでしょうね。まじめな先生もいれば、まじめな政府与党の人もいるでしょうに。というわけで、タイトルでは「一部」というのを全部外してみました。

そんな中、民主党は全委員会の審議を拒否することも検討中であるという。国民の信託で得た議席で、支持してくれた人々の思いを代弁しようとしない政党が「民主」というのだからちゃんちゃらおかしい。民主党の選挙公約に「考え方の違う異端を追放せよ」とか「審議を拒否する」という項目はなかったように思うが、読解力に乏しい小生はそれを見落としてしまっているのだろうか。

(以下、NHKニュースの記事より引用)
民主 外相罷免で徹底抗戦も

民主党の鳩山幹事長は記者会見で、安倍総理大臣が核保有をめぐる論議を容認する発言をしている麻生外務大臣の罷免に応じない考えを示したことを受けて、すべての委員会審議を欠席することも含め、攻勢を強めていく考えを示しました。

この中で、鳩山幹事長は「麻生外務大臣の罷免に応じないのは、もともとタカ派だと言われた安倍総理大臣が麻生氏の発言を支持していることになる。問題が麻生氏の罷免要求のみにとどまるのか、安倍内閣全体の問題に拡大するのか、検討する必要がある」と述べました。そのうえで、鳩山氏は「安倍総理大臣が理不尽な態度をとり続けるなら全面的に戦う。国会をすべてストップさせることも含め、徹底抗戦を進めていく」と述べ、すべての委員会審議を欠席することも含め、攻勢を強めていく考えを示しました。また、鳩山氏は政府主催の教育改革に関するタウンミーティングで、政府が参加者に質問を依頼していた問題について、「文部科学省がかかわっており、その責任は大きい。また、安倍官房長官時代の問題であり、安倍総理大臣の責任もきわめて大きい」と述べました。(引用終わり)

自民党や公明党には、議論を封殺したり議論を忌み嫌う勢力のやり方に臆することなく、自らが掲げた公約を粛々と実現してもらいたい。それどころか「公務員労組の支援を受けているものがいないので、公務員制度改革をやりやすくてしょうがない」という余裕すら見せてもらいたいぐらいだ。

|

« すでに欺かれたくせに、一杯やろうどころか一杯喰わされるだけなのではないか | トップページ | 中国の民主化が必要であるということをしっかりと発信できる希有な政治家 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69096/4146803

この記事へのトラックバック一覧です: タウンミーティング質問を「やらせ」る内閣府や文科省、「お願い」は徹底しても学習指導要領を徹底しようとしない教育委員会もいじめや未履修現場の教職員共々「整理する」を、公労組の支援を受けている民主党が審議拒否をしている間に進めてしまえ:

» 微粒子 もう驚かんぞタウンミーティング [趣味悠々 園芸と日記と写真館]
●タウンミーティング(TM)で内閣府とあの文部科学省が 質問案を事前につくり教育委員会を通して、PTAなどの関係者に 「やらせ質問」をさせていた。→「え!そんなことさせていたのか。とんでも ないやっちゃ。絶対に許されない。それにしてもびっくりしたニュースだ」 ●TMでの「やらせ質問」が次々と明らかに。→「え!まだ、やらせ質問の 実態があったのか。とんでもないことになったぞ。驚いたなあ。」 ●TMで「サクラ」が... [続きを読む]

受信: 2006年11月11日 (土) 15:48

» 共同通信が握りつぶした安倍スキャンダル〜月刊現代12月号スクープ【TM問題で安倍を追及しないのも…】 [情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士]
 共同通信出身のフリージャーナリストである魚住昭、青木理の両氏が、最新の月刊現代(12月号)に「怒りのスクープ! これは報道機関の自殺である! 共同通信がもみ消した安倍スキャンダル」が掲載されている。この「自殺」の構造は、タウンミーティング問題の報道のあり方にも見え隠れしているのではないだろうか?  もみ消したとされるスキャンダルは、①安倍ちゃんのパパ(晋太郎)に仕えた元秘書が、... [続きを読む]

受信: 2006年11月11日 (土) 23:42

» やらせと偽装のオンパレード国家① 〜危うい日本国の将来〜 [社会・政治]
※長文の為、①〜③に記事を分けています。■同タイトル記事 やらせと偽装のオンパレード国家① 〜危うい日本国の将来〜:http://www.its-netservice.com/community/modules/popnupblog/index.php?postid=208■同タイトル記事 やらせと偽装のオンパレード国家② 〜... [続きを読む]

受信: 2006年11月14日 (火) 15:03

« すでに欺かれたくせに、一杯やろうどころか一杯喰わされるだけなのではないか | トップページ | 中国の民主化が必要であるということをしっかりと発信できる希有な政治家 »