« 7-9月期実質GDP速報値、まぁ分からないのですが | トップページ | 自らの法律案の採決を拒否し「寝ている」民主党は民主党案をどう思っているのだろうか、それを尻目に政府与党は構造改革特区で教育関連のものを打ち出す »

2006年11月15日 (水)

とくダネ!小倉さんの発言に涙が

辛いのに友達とはよく言えたものだと、すごい人だと。小生などが偏頭痛と腹痛を友達と呼べる日は来るだろうか。

(以下、毎日新聞の記事より引用)
小倉智昭:「糖尿病は20年来の友達」

人気キャスターの小倉智昭(59)が14日、都内で行われた糖尿病に関するイベントにゲストとして出席した。世界糖尿病デーにあたり、米製薬会社がインスリン療法を50年以上続けている患者を表彰するもの。20年以上前から糖尿病を患い、同療法を続けている小倉は「糖尿病は友達」と明るい闘病ライフを語った。

フジテレビ「とくダネ!」(月~金曜前8・00)などテレビ4本、ラジオ1本のレギュラー番組を抱える小倉が、糖尿病と付き合いながらの売れっ子ライフを語った。「第4回リリー インスリン50年賞」(主催・日本イーライリリー株式会社)の表彰式でスピーチしたもので、「父も母も糖尿病。インスリンで家族の絆(きずな)が結ばれている」などと話し、集まった患者やその家族ら約60人をなごませた。

糖尿病であることが分かったのは20年ほど前。テレビ番組の企画で血糖値を測ったことがきっかけで、医師から「間違いなく糖尿病です。あす病院に来てください」と宣告されたという。「以前、トイレで隠れるように注射をしていたら(ネット上の)掲示板で“麻薬を打っている”と書かれた」との笑えない!?エピソードも披露。

司会者やアナウンサーはストレスがたまるので糖尿病になりやすいとも指摘し「皆さん、言いませんが、血糖値の高い司会者は結構いますよ」と“暴露”。「糖尿病じゃないと名司会者じゃない」と笑わせた。

今でも週に1度はゴルフに行くなど、趣味、仕事とフル回転で毎日を楽しんでいる。酒もたばこもやめ、人生の楽しみは「ゴルフとコーヒー」とし「糖尿病を治療しないといけないとか、闘わないといけないという気持ちはない。友達だと思って付き合ってますよ」と、前向きな糖尿病ライフを提案した。スポーツニッポン 2006年11月15日(引用終わり)

|

« 7-9月期実質GDP速報値、まぁ分からないのですが | トップページ | 自らの法律案の採決を拒否し「寝ている」民主党は民主党案をどう思っているのだろうか、それを尻目に政府与党は構造改革特区で教育関連のものを打ち出す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69096/4196409

この記事へのトラックバック一覧です: とくダネ!小倉さんの発言に涙が:

« 7-9月期実質GDP速報値、まぁ分からないのですが | トップページ | 自らの法律案の採決を拒否し「寝ている」民主党は民主党案をどう思っているのだろうか、それを尻目に政府与党は構造改革特区で教育関連のものを打ち出す »