« 中露韓がとめるか、さもなくば、の展開。でも韓国はこの期に及んで支援を表明 | トップページ | 希代の悪法案の白紙化に弾みか »

2006年10月 6日 (金)

予算委基本的質疑、北朝鮮への視点の付け所

予算委基本的質疑、なんとか節のあの議員の皮肉まじりの発言は、果たして目の前に座っている若い同期の桜に対してか、それとも病み上がりで鳥取へ飛んだあの代表に対してなのか、という事を考えさせられた。終了後のインタビューを含めて。それ以外は、タイピングの制止が効かなくなりそうな感想を持ったが。しかし、それにしても・・・・あのエネルギーの源のレシピというのは・・・・書籍化されたら買いに走りたいと感じたのは小生だけだろうか。

(以下、産経新聞の記事より引用)
民主の現体制は暫定的 渡部国体委員長

民主党の渡部恒三前国対委員長は6日、早稲田大での討論会で、党の今後について「メール問題で古い者たちが口を出すようになったが、暫定的なことだ。民主党が政権を担う時の指導者は、こういう若い人たちだ」と強調した。リーダーとして具体的に前原誠司前代表、枝野幸男党憲法調査会長、野田佳彦国民運動委員長、玄葉光一郎元幹事長代理を挙げた。

渡部氏は、安倍晋三首相が誕生した背景について、父、晋太郎元外相が首相への道半ばで病に倒れた経緯に触れ「国民的同情と自民党内の思いが、(総裁選で)息子の晋三氏に集中した」と指摘。「国の将来を考えれば、福田康夫元官房長官がなるべきだった。福田氏はこびへつらう政治ではなく、しっかりした考えを持っている」と評した。

安倍首相が消費税率引き上げ時期の明言を避けていることには「いずれ消費税を上げざるを得ないというのは頭の中にある。来年夏の参院選への影響を考えた大変無責任な発言だ」と批判した。(10/06 17:22)(引用終わり)

やはりと言うべきかさすがと言うべきか、どうして記事中にある枝野議員が少なくとも代表代行ではないのかと考えさせられた質疑だとも感じた。しかし、自民党に対する分析はどうなのかとド素人なので疑問に感じたりもした。そうであれば、もっと安倍晋太郎氏票があったような気もするというのもあるが。

よくよく考えてみれば、いや、そうしないでも8月のアメリカABCの報道からさかのぼって考えてみれば、環境に対する影響は?なんて話は、何を今さらなのかもしれない。

(以下、ZAKZAKの記事より引用)
北核実験、安倍訪中に照準…“世紀の愚行”へ一直線

北朝鮮による核実験がいよいよ現実のものとなりそうだ。金融制裁で追いつめられた北朝鮮は、今月3日に初の実験予告をして以来、連日強気の声明を繰り広げる中、日米両政府の担当官は5日、ホワイトハウスで「北朝鮮が今週末にも核実験を行う可能性がある」との認識で一致、警戒を強めていくことを確認した。緊張感が最高潮に高まるなか、真の狙いは何なのか。安倍晋三首相の中韓訪問つぶしか、それとも…。早ければ8日にも世紀の愚行が強行される。

会談したのは訪米中の谷内正太郎外務事務次官と、クラウチ米大統領副補佐官。谷内次官は会談後、「証拠があるわけではないが、北朝鮮はあれだけの声明を出しており、核実験を行う準備を整えている可能性はある」として、北朝鮮がいつ核実験に踏み切ってもおかしくないとの見方を示した。

北の核実験実施について、軍事ジャーナリストの惠谷治氏は、「北朝鮮はこれまで何度もミサイルの発射を寸前で中止してきた。発射は“ポーズ”で、実際に撃っても北朝鮮の得にならないからだ。だが、今年7月に7発も撃った。もはや核実験も外交カードではなく国威発揚が目的。実施は間違いない」と断言する。

「コリア・レポート」の辺真一編集長も別の角度から実施は確実とみる。

「北朝鮮で最も権威ある国宝級のベテラン女性アナウンサーが、テレビで連日、国内向けに核実験の予告を読み上げている。このアナが話すのはよほどの出来事のとき。国民にやると宣言した以上、引き下がれない」

金総書記の動静報道が途絶えていたのも不気味だ。金剛山を現地指導したことが9月15日に報じられて以来、20日間以上もの雲隠れ。金総書記は98年にもテポドン1号の発射まで33日間、公式活動をしなかった。テポドン2号を発射した今年7月も、Xデーの前日を最後に40日間、まったく動静が報じられなかった。

警戒を強める米軍は5日午前11時すぎ、核実験の監視が可能な偵察機「WC135C大気観測機」を朝鮮半島に向け出動させた。韓国軍も24時間の監視態勢に入っている。

焦点は核実験のXデー。辺氏は「米国が決めた出方が気に入らなければ、即座に実施するだろう。ブッシュ政権に打撃を与えるため、遅くとも11月7日の中間選挙までには行う」とみる。

核実験の狙いについても、様々な観測がでている。「8日か9日に実施される可能性がある」と報じたのは、5日付米紙ワシントン・ポスト。複数の専門家が予測する根拠は、(1)8日は金総書記が北朝鮮労働党総書記に就任した記念日(2)9日は韓国の潘基文外交通商相が次期国連事務総長に選ばれる予定-などだ。

辺氏はこれらの見方について、「安倍首相が8日に中国、9日に韓国を歴訪するタイミングでもある」と肯定しつつも、「朝鮮労働党の創設記念日である10日のほうが有力ではないか」とみる。

惠谷氏も「8日、9日は考えられるXデー」と認めたうえ、「北朝鮮への攻勢を強めるためには、核実験をさせたほうが国際世論を味方につけられるので、米国にとっては都合がいい」と話す。金王朝の後見役の中国までが「(実施すれば)北朝鮮は深刻な結果に直面する」と警告するが、金総書記には「馬の耳に念仏」(辺氏)だ。

世界の鬼っ子となった将軍様の暴走を、もはや誰も止められない。ZAKZAK 2006/10/06(引用終わり)

|

« 中露韓がとめるか、さもなくば、の展開。でも韓国はこの期に及んで支援を表明 | トップページ | 希代の悪法案の白紙化に弾みか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69096/3721019

この記事へのトラックバック一覧です: 予算委基本的質疑、北朝鮮への視点の付け所:

« 中露韓がとめるか、さもなくば、の展開。でも韓国はこの期に及んで支援を表明 | トップページ | 希代の悪法案の白紙化に弾みか »