« 盧大統領の歴史宣伝機関発足式での「歴史認識の共有」という夢想話は、それだけで「歴史認識の共有なんて無理」と言うことを表現している。政治家は歴史認識から抜け出し、経済連携や知財権や環境に目を向けたらどうか。 | トップページ | さっそく自由と民主主義という価値外交の機会が、ミャンマー/安倍総理で右傾化ならロワイヤル氏が仏大統領になら仏の左傾化か »

2006年9月29日 (金)

つい最近保守本流って言ってたのに・・・・戦後初の総理・安倍総理が促成栽培なら、民主党の戦後世代の政治家は

ちょっと前の小エントリーで、民主党の菅代表代行が「民主党こそ保守本流」なんて盧武鉉大統領と同じように「あなたが言いますか、それを」といったような感じで言い出し、今までニューリベラルやら中道リベラルやら改革・リベラル合同なんとか言ってたのに、それはどこに行ったんだといったことを記した(ド素人の小生、「民主中道」という部分が抜け落ちていたことに今気づきました。)

そんな保守の菅代表代行、こんなことを言い始めた。

(以下、産経新聞の記事より引用)
「安倍首相は促成栽培」 菅氏、議員研修会で批判

民主党の菅直人代表代行は28日午後、都内で開かれた同党参院議員の研修会であいさつし、安倍晋三首相について「もともと温室の中で促成栽培された(自民党)総裁、総理なので、本当に日本を担ってしっかりやってくれるか不安感を持っている」と批判した。

さらに「実は自民党の中にも、多くの人たちが不安感を持っている」と指摘した。

内閣の顔触れについても「極端な国家主義あるいは国粋主義の人と、そういう発言に反対しない人で固められている。多少リベラルなことを言おうものなら『非国民』と言いかねない」と懸念を示した。

小沢一郎代表の入院に関してはその後の記者会見で「検査の種類は知らないが、きちんと終わって一定の結論が出れば退院してくるだろう。症状というが、大事を取って検査をやっている。それがすべてだ」と説明、健康不安説を否定した。(09/28 22:43)(引用終わり)

民主党こそ保守であるというのであれば、自民党を改革やリベラルと見なさないと、二大政党時代の対立軸にならないような気もするのだが。民主党にとってリベラルや保守、ないしはそういう対立軸から抜け出そうとして編み出されたニューリベラルやら中道リベラルやらリベラル改革合同、そして民主中道とはなんなんだろうか。

それにしても、菅代表代行にとって戦後世代初の総理の安倍総理は促成栽培、さぞかし民主党には熟成されたすばらしい若手政治家が多いに違いのだろう。

|

« 盧大統領の歴史宣伝機関発足式での「歴史認識の共有」という夢想話は、それだけで「歴史認識の共有なんて無理」と言うことを表現している。政治家は歴史認識から抜け出し、経済連携や知財権や環境に目を向けたらどうか。 | トップページ | さっそく自由と民主主義という価値外交の機会が、ミャンマー/安倍総理で右傾化ならロワイヤル氏が仏大統領になら仏の左傾化か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69096/3634497

この記事へのトラックバック一覧です: つい最近保守本流って言ってたのに・・・・戦後初の総理・安倍総理が促成栽培なら、民主党の戦後世代の政治家は:

« 盧大統領の歴史宣伝機関発足式での「歴史認識の共有」という夢想話は、それだけで「歴史認識の共有なんて無理」と言うことを表現している。政治家は歴史認識から抜け出し、経済連携や知財権や環境に目を向けたらどうか。 | トップページ | さっそく自由と民主主義という価値外交の機会が、ミャンマー/安倍総理で右傾化ならロワイヤル氏が仏大統領になら仏の左傾化か »