« RSSにご注意と・・・・って、これは・・・・どないせいと | トップページ | 他の国にも援用可能だとは思うが »

2006年8月 7日 (月)

民主党の「ベテラン議員」ってなぁ、がせメールのときもアレだと感じたがほんとアレだとド素人は感じる

退役してないのに「ベテラン議員」、そこまでいうなら無風の代表選に旋風を巻き起こす候補者となればいいのに。

長野の知事選、結果よりも票差に驚いたりもした。「劇場型と結果責任」、「政党組織における中央と地方での選挙対策」などいろいろと考えさせられた。ド素人としては、自民が勝って民主が大敗した選挙といった感じがした。民主党が大敗したからといって自民党が大勝したわけではないと感じるのは、この選挙結果をもって今後「都市と地方」というキーワードを持ち出して旧自民党チックなものを志向する退行現象を露骨に見せつけるようなことになれば、参院選や次の衆院選が危うい-県内での受け取り方と県外での受け取り方は情報量から自ずから違うだろうから-、かといって改革劇場型の結果責任ということについてこれほど考えさせられる選挙結果はなかったのかも知れない、さて参院選はどうなるのだろうか。ド素人なのでよく分からないが、(小泉)改革が未だキーワードであることには違いないだろうが、その手法やあらゆる意味でのパフォーマンスにかんしては問われていくことになるのかも知れない。

民主党にとっては大敗だろう。確かに以下引用する毎日新聞の記事中で紹介されている党幹部の発言のように、小沢民主で「ついに負けたか」といえるものなのかも知れない。
しかしよくよく考えてみれば、滋賀では小沢代表のいう対立路線を徹底できずに負けたのに続いて、今回は支持を明言した候補者が負けたのだから、「ついに負けたか」ではなく「また負けたか」という二連敗という見方もできる。滋賀のときには小沢路線で行こうという求心力が働くように見えたが、今回のは全く逆だろう。

と、そこで出てくるのがこの小エントリーのタイトルの民主党名物「ベテラン議員」、それによる他人事批判である。がせメールのときにも感じたが、ベテランという割には・・・ほんとアレだ。

(以下、毎日新聞の記事より引用)
小沢民主党代表:「支持」した田中氏落選で党運営に影

長野県知事選で、民主党の小沢一郎代表が最終盤に支持を明言した現職の田中康夫氏が落選したことが、党内で波紋を広げた。小沢氏は就任直後の衆院千葉7区補選の勝利で党内基盤を固めた経緯があるだけに、今回「予測を誤った」(党幹部)ことは、今後の党運営にも微妙な影を落としそうだ。

「ついに負けたか」。6日夜、田中氏落選を聞いた党幹部は思わず漏らした。選対幹部は「口で言っただけで主体的にかかわっていない。負けたことにならない」と影響を否定するが、別の党幹部は「(田中支持の)発言で有権者を動かそうとしてメッセージを送ったが、予測を誤った」と小沢氏の戦略ミスを認める。ベテラン議員は「代表1人が勝手にやって、負けていてはたまらない」と苦言を呈した。

小沢氏は9月の代表選での再選を確実にしているが、それも来夏の参院選を小沢氏の下で戦えば勝てるという見通しからだ。党内の反応は強い期待の裏返しとも言える。

党内ではただ、田中氏が新党日本の代表でもあるため、小沢氏の支持表明を来夏の参院選に向けた布石とする見方もある。ベテラン参院議員は「厳しい情勢でエールを送った。『今後よろしく』という小沢流の新党日本への呼びかけだ」と語った。【須藤孝】毎日新聞 2006年8月7日 19時44分(引用終わり)

なんというか、後段の方はもっとひどい。長野にあれだけ心血注ぎ知事選に出た人間が、節操もなく国政にくらがえてホイホイ出てきて民主党と組むだろうか?

本当に長野でいろいろな改革をしてきてよりよくするという自負があり本気で知事選に出馬したのなら、国政に出てくるなんてことはせずに、長野で捲土重来を果たそうとするのが自然なのに、なにか節操がないような人物のように扱って参院選での布石なんていうのは・・・・なんなんだろうか。ド素人だから、そう感じるのかも知れないが。

|

« RSSにご注意と・・・・って、これは・・・・どないせいと | トップページ | 他の国にも援用可能だとは思うが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69096/2976545

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党の「ベテラン議員」ってなぁ、がせメールのときもアレだと感じたがほんとアレだとド素人は感じる:

« RSSにご注意と・・・・って、これは・・・・どないせいと | トップページ | 他の国にも援用可能だとは思うが »