« そんなものを掲げずに現実を掲げればいいのに/そこまで言うものなのだろうか/それでも議会第二党か、民主党 | トップページ | 小泉総理がはらせなかった霧をはらせ »

2006年8月20日 (日)

我々にとって世論調査とはなにか

(以下、共同通信の記事より引用)
次期首相の参拝44%反対 靖国で世論調査

小泉純一郎首相が終戦記念日の15日に靖国神社を参拝したことを受け、共同通信社は15日午後から16日にかけて全国緊急電話世論調査を実施した。首相の「8・15参拝」について「参拝してよかった」との回答が51・5%で半数を超えたが、次期首相に関しては「参拝すべきではない」が44・9%、「参拝すべきだ」が39・6%で反対派が上回った。同神社に合祀(ごうし)されている第2次世界大戦のA級戦犯については「分祀(ぶんし)した方がよい」が60・4%に上った。

次期首相の最有力候補である安倍晋三官房長官が4月に靖国神社に参拝したが、その事実を認めず、今後参拝しても公表しないとしていることに対しては「公表する必要がある」が37・8%に対し、「公表する必要はない」30・3%で、説明責任を果たすよう求める声が上回った。(引用終わり)

|

« そんなものを掲げずに現実を掲げればいいのに/そこまで言うものなのだろうか/それでも議会第二党か、民主党 | トップページ | 小泉総理がはらせなかった霧をはらせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69096/3147409

この記事へのトラックバック一覧です: 我々にとって世論調査とはなにか:

« そんなものを掲げずに現実を掲げればいいのに/そこまで言うものなのだろうか/それでも議会第二党か、民主党 | トップページ | 小泉総理がはらせなかった霧をはらせ »