« 22日付追考:現在の参院勢力で憲法改正に挑めるのか/将来、「小泉総理以来の『ハト派』総理大臣」なんてことが言われるかも知れない。もっとも、小生などは動物にたとえるのは不毛だと思っておるのですが | トップページ | 「遊就館」展示見直し/なぜか今回は聞かれぬ「フランスのように」 »

2006年8月25日 (金)

武器使用権限は?など今後の議論はどうなるだろう

(以下、ZAKZAKの記事より引用)
安倍講演…国際的貢献に積極姿勢、イラク「大きな成果」

安倍晋三官房長官は25日午後、都内で講演し、自衛隊によるイラクでの復興支援活動について、「大きな成果を挙げた。世界的な評価も高まっており、国民の自信にもなった」といい、今後も国際的貢献を果たしていく姿勢を示した。

これはNPO法人「US-Japan LINK」が主催したセミナーでの特別講演。

安倍氏は「世界の不安定な状況は今後も続く。わが国は今回のケースを教訓にしなければならない」といい、国際貢献のための恒久法制定についての議論を深めることを支持した。また、自衛隊のイラク派遣が日米同盟の強化にプラスになったことを指摘。今後、集団的自衛権の行使について検討するとともに、日米の政務レベルで外交や安全保障上の対話を進めるため、「官邸に米国家安全保障会議(NSC)のような組織をつくるよう議論を深めたい」と語った。

セミナーではこのほか、第1次イラク派遣群長だった番匠幸一郎・陸自西部方面総監部幕僚副長や前在日米海軍司令官のロバート・チャップリン氏らによるシンポジウムも行われ、安倍夫人の昭恵さんも熱心に聞き入っていた。ZAKZAK 2006/08/25(引用終わり)

|

« 22日付追考:現在の参院勢力で憲法改正に挑めるのか/将来、「小泉総理以来の『ハト派』総理大臣」なんてことが言われるかも知れない。もっとも、小生などは動物にたとえるのは不毛だと思っておるのですが | トップページ | 「遊就館」展示見直し/なぜか今回は聞かれぬ「フランスのように」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69096/3207609

この記事へのトラックバック一覧です: 武器使用権限は?など今後の議論はどうなるだろう:

« 22日付追考:現在の参院勢力で憲法改正に挑めるのか/将来、「小泉総理以来の『ハト派』総理大臣」なんてことが言われるかも知れない。もっとも、小生などは動物にたとえるのは不毛だと思っておるのですが | トップページ | 「遊就館」展示見直し/なぜか今回は聞かれぬ「フランスのように」 »