« 明日を前に、Back to the 2001 | トップページ | あっそう、という反応の方がいいのかも知れない »

2006年8月15日 (火)

韓国のあらゆる意味で「微妙」な演説

盧武鉉大統領の演説に関するニュースを見ていて違和感を感じた。そんな違和感を抱きつつ、さまざまな記事を読んでいて、産経新聞の記事にある「予想より自省(?)」という表現が目に入ってきた。

なるほどこういう風に表現すればいいのかと小生の日本語力のなさを痛感するとともに、違和感の理由のひとつを見つけた思いがした。盧武鉉大統領の演説内容は、明らかに今までに比べると明らかにトーンダウンしている。トーンダウンといっても肯定的でも否定的な意味合いでもない。

(以下、産経新聞の記事より引用)
韓国、靖国参拝で小泉後に含み 北には「過去許し和解」

【ソウル=黒田勝弘】韓国政府は15日、小泉純一郎首相の靖国神社参拝に対し「深い失望と怒り」の声明を発表したが、盧武鉉(ノムヒョン)大統領は同じ日の「光復節記念演説」ではことさら靖国問題には触れなかった。韓国マスコミは「政府は強力対応へ」と反日気分をあおっていたが、政府の対応は予想より自制(?)されたもので、この問題での小泉以後に"含み"を感じさせる。

これは中国が小泉以後を念頭に対日関係の局面転換を模索していると伝えられることから、韓国政府としては韓国が突出して「ハシゴをはずされる」ことにならないよう、これまで以上の強硬非難は手控えたものとみられている。

盧大統領演説で日本に触れた部分は比較的少なく、今後の東アジアの不安要因である新たな"覇権主義"への警戒として「日本の憲法改正論議」に憂慮を表明。従来の"反日テーマ"である独島(日本名・竹島)問題や歴史教科書、靖国参拝、慰安婦問題を列挙して「実質的な解決措置」を求めるにとどまった。

ただ覇権主義では日本への警戒は語りながら中国にはまったく触れず、中国の覇権主義を明確に批判した民間代表の「光復会」会長の演説とは対照的だった。

大統領演説で注目されるのは、日本警戒論の一方で北朝鮮に対してはひたすら「寛容と和解」を強調したことだ。ミサイル問題にはまったく言及せず、北朝鮮がもたらした「過去の戦争や拉致などの苦痛」にも反省や謝罪は求めず「広い心と長い視野で過去を許し和解と協力の道を進むべきだ」と述べている。

演説は北朝鮮にとりあえず6カ国協議への復帰や核放棄は求めているが、対日姿勢とは異なり「敵対的感情を刺激して信頼が崩れることがないよう」に国民に「寛容と忍耐」を訴えるなど、盧武鉉政権の反日・親北・民族主義をあらためて確認したものだった。

一方、歴史的に日本支配から解放された「8・15」のこの日、韓国マスコミはテレビが小泉首相の靖国神社参拝を日本から中継放送するなど異様に関心を示していたが、街では目立った反日運動はなく、政府とマスコミの反日が突出していた。

街頭では過去がらみの日本問題より現在、大きな政治的争点になっている米国や北朝鮮問題で左右両派のデモや集会が目を引く。有事の際の作戦統制権を韓国が握る問題などで、これを米韓同盟の弱体・崩壊につながるとして反対する反盧政権の保守・右派勢力と、反米・親北の左派勢力が対立している。

ただ盧武鉉政権は安保問題では反米・自主を主張しながら米韓FTA(自由貿易協定)締結交渉は積極的に進めており、この問題では右派が支持、左派が反対という複雑な風景になっている。(08/15 23:29)(引用終わり)

ただ、盧武鉉大統領の演説に違和感を感じた理由はそれだけではない。

というのも、昨日こうしたことが報じられていたのだ。

(以下、東亜日報の記事より引用)
韓国戦争中に韓国のインテリは計画的に拉致された
AUGUST 14, 2006 03:07

北朝鮮が韓国戦争中に、韓国の若い知識人や技術者、公務員らを事前計画により、組織的に拉致していたことを明らかにする研究結果が出た。

「韓国戦争拉北人士家族協議会(家族協議会)」傘下の韓国戦争拉北事件資料院と金ミョンホ江陵(カンルン)大学教授(経営学科)は最近、韓国戦争中に北朝鮮に拉致された計9万6013人を対象に調査した結果を公開した。

今まで確認された全戦争拉北者を対象に、拉致時期や被害者の職業などを分析したのは、同研究が初めてだ。

東亜(トンア)日報が入手した論文「韓国戦争拉北者実態の実証的分析に関する研究」によると、全拉北者の88.2%に達する8万4659人が、戦争勃発直後の1950年7月から9月までの3カ月間に拉致された。

同期間、全国で公務員=2919人、技術者=2836人、教授や教師=863人、医療関係者=572人、判事や検事などの法曹人=190人、国会議員をはじめとする政治家=169人などが北朝鮮に拉致された。

特に、被害者の80%以上が自宅あるいは自宅の近所で拉致された。これは、北朝鮮が戦争挑発に先立ち、前もって拉致する人士を選定し、被害者たちの住所を確保していたことを示唆する。また、全拉北者の69%が20、30代だった。

これを受け、金教授研究チームは、「北朝鮮が数少ない知識人を韓国から補充し活用するため、韓国のいわゆる『インテリ』を計画的に拉致した証拠だ」と語った。

韓国戦争拉北事件資料院が2004年、統一部の北朝鮮資料研究センターで確認した1946年の金日成(キム・イルソン)の談話文も、「戦争前に拉北者を事前選定した」という研究チームの主張を裏付けている。

金日成は1946年7月31日、「韓国からインテリを連れてくることについて」という談話文で、「数足りないインテリ問題を解決するには、韓国のインテリを連れて来なくてはならない」とし、「彼らを米帝とその走狗の弾圧から救うべきだ」と述べた。

家族協議会の李ミイル理事長は、「今まで戦争拉北者は自発的に北朝鮮に行ったか、拉致されたか、証拠が足りないという理由で政府と学界から『忘れられた存在』だった」とし、「今回の調査結果は、北朝鮮が戦争初期、組織的に韓国の人士を拉致したことを立証した最初の資料だ」と述べた。(引用終わり)

「8月15日という日がなんの日か知らないなんて嘆かわしい」なんて風物詩をあまり見なくなったような気がする。実は8月15日がなんの日かなんて知らないなんてのは都市伝説でみんな知っているからなのか、そういうのに飽きたのか、それともシャレにならないほどの真実なのか、見なくなった理由は分からない。それにまだ言われているのかも知れない。

そんな中、目に留まった「韓国人に聞く「韓国の建国記念日はいつ?」…知らない67.1%」という朝鮮日報の記事。そういえば、今日の韓国の反応はどういうものなのかといろいろな記事を見ていても、不思議なほどに建国記念日に関して触れていない。そして目に入ってくる盧武鉉大統領の演説に関し触れられているニュース。比べてみると、やはり微妙な感じがしてならない。

|

« 明日を前に、Back to the 2001 | トップページ | あっそう、という反応の方がいいのかも知れない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69096/3076209

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国のあらゆる意味で「微妙」な演説:

« 明日を前に、Back to the 2001 | トップページ | あっそう、という反応の方がいいのかも知れない »