« 内閣不信任案の性格、それよりも気になるのは野党共闘であるが | トップページ | 山教組・山教組/民主党は民主党案の教育基本法を通すつもりがあるのか/選挙対策せにゃならんわね、といったところか。顕在化する危機感 »

2006年6月11日 (日)

中国が狙うは尖閣諸島だけではないようで

(以下、産経新聞の記事より引用)
中国、海洋安保強化へ 海洋資源の権益保護 香港紙報道

11日付中国系香港紙、文匯報は、本来は中国領である島が日本など周辺国に不法占拠されているとして、中国当局が軍民一体となった海洋安全保障体制の強化を検討していると報じた。海洋資源の権益保護を特に重視しているという。

政府ブレーンの学者が語ったところによると、中国が自国領として主張する島のうち、尖閣諸島(中国名・釣魚島)など40余りの島を他国が不法占拠。日本などに比べ能力の劣った海洋戦略を「根本的に」改善するため、当局は体制見直しを進めているという。(共同)(06/11 21:22)(引用終わり)

対中円借款凍結し続けて、浮いたお金+αで離島警備や国境の島々復興に予算を回すべきなのではないだろうか。

|

« 内閣不信任案の性格、それよりも気になるのは野党共闘であるが | トップページ | 山教組・山教組/民主党は民主党案の教育基本法を通すつもりがあるのか/選挙対策せにゃならんわね、といったところか。顕在化する危機感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69096/2178702

この記事へのトラックバック一覧です: 中国が狙うは尖閣諸島だけではないようで:

« 内閣不信任案の性格、それよりも気になるのは野党共闘であるが | トップページ | 山教組・山教組/民主党は民主党案の教育基本法を通すつもりがあるのか/選挙対策せにゃならんわね、といったところか。顕在化する危機感 »