« 韓国地方選で惨敗した与党ウリ党、鄭東泳議長の責任問題は大統領選にどう響くのだろう | トップページ | なんと民主党の法案を拒否する民主党~Flip-Flopper DPJ~ »

2006年6月 1日 (木)

ド素人が野球について(略)・・・巨人戦の視聴率に一体何が起こっているのだろうか

ド素人としては、中継中にここが試合の流れの潮目であるとか転換点であるとか、いやぁ良いプレーですねぇと言われても、どのあたりが見所なのか全く分からぬまま見ていることが多かったのである。

(以下、ZAKZAKの記事より引用)
巨人戦視聴率、月間平均も過去最低11.1%

5月の巨人戦ナイター中継の月間平均視聴率が11.1%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だったことが1日、わかった。ビデオリサーチによると、1989年以来で5月の月間視聴率としては過去最低の数字。

開幕以来、好調に勝ち星を重ねた巨人だが、視聴率は低迷したまま。5月から始まったセ・パ交流戦で、一時は盛り返したかに見えたが、27日の対オリックス戦(フジテレビ)が8.6%、昨31日夜の対日本ハム戦(同)も8.9%などとさっぱり。この結果、5月は4月の平均視聴率12.4%を下回る結果に終わった。

6月は、サッカーW杯が開催されため、巨人がますます苦境に立たされる事は必至。昨年は2ケタ割れしたのは7月だったが、今年は1カ月早く、1ケタ台に落ち込む可能性が大きい。“がんばれジャイアンツ”といわれても、何をどうがんばればいいのやら…。ZAKZAK 2006/06/01(引用終わり)

一方でこうした記事もある。
(以下、東奥日報の記事より引用)
プロ野球人気は復活したか/巨人戦より地元球団

原巨人が快進撃を演じ、セ・リーグ首位を突っ走っている。ところが巨人戦の四月月間平均ナイター視聴率は、一九八九年の集計開始以来最低の12.6%(関東地区)。ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の優勝など野球人気回復への起爆剤がありながら、昨年の12.9%を下回り、9年連続ダウンした。対照的に地方局による地元球団の視聴率が健闘、プロ野球人気は巨人の一極集中から分散化の様相を呈してきた。

▽下げ止まり?

昨年、視聴率は巨人の不振に比例して降下、年間10.2%とワースト記録を更新した。「巨人戦は数字が取れる」の“神話”は崩壊。放送時間の延長枠短縮など中継見直しが相次いだ。広告代理店関係者が「今まではテレビ側が巨人戦の獲得を球団にお願いしていたが、これからは球団が中継をテレビに頼むようになる」と力関係の逆転を指摘するなど巨人のブランド力は完全に失墜した。

そんな中での0.3%減。「昨年の低迷があるので1けた台も危惧(きぐ)していた。安心した。数字はあまり変わってなくても、上がった印象がある」。ある放送関係者は、下げ止まりの印象でとらえた。別の関係者は「巨人が強いからでしょう」と、巨人の快進撃に救われたと説明する。

▽人気の拡散

「巨人の視聴率は巨人人気であって、野球人気に直結させるのはどうか。ローカルエリアの放送やCS放送などの数字を確認しないと何ともいえない」。球界幹部は、巨人の視聴率が野球人気のバロメーター、との見方をけん制する。

この視点を裏書きするように、三、四月の視聴率では地方が元気だ。デーゲームを含めたパ・リーグの数字は、福岡など北部九州でソフトバンク-ロッテの 17.3%を筆頭に2ケタが並ぶ。札幌では日本ハム-楽天で18.4%、仙台でも楽天戦で四月二日に17.2%を記録した。

セ・リーグでは基本的に対巨人戦の数字が高いものの、広島地区では四月十九日の広島-横浜の19.1%が最高視聴率で、同日の巨人-ヤクルトの関東地区の10.9%を大きく上回った。巨人と阪神が初対戦した二十一日は関東で今季最高の16.3%だったが、関西ではさらに高い23.8%を記録した。地域に密着した球団による人気の“地方拡散”は着実に進んでいる。

▽いい試合は見る

だから、東京のキー局が巨人戦を中継しても、地方局はその時間帯の枠で地元球団の試合を放送するケースが目立ってきた。「昔からそういうことはあるが、ハードルは低くなってきている」と放送関係者が言えば、別のテレビ局関係者は「スポンサーも“巨人戦のCM枠を買っている”というステータスがあり、地元のチームの中継に替えにくい部分があった。だが、今は巨人戦よりも数字が取れるので納得してもらえるようになってきた」と、巨人一極集中の排除を証言した。

観客動員面でもパ・リーグが二十八日に発表した1試合平均は前年の同時期比で8.1%増の1万8085人。北海道の日本ハムや西武が大幅増となった。

三月末のWBC準決勝が36.2%、決勝は43.4%(関東地区)と驚異的な視聴率を記録した。この時、大手広告代理店関係者は「いい試合なら見るということ。これでパのプレーオフのセールスもやりやすくなった」と語った。巨人ブランド頼みから地方へ、内容へ、新たな流れが生まれつつある。(視聴率はビデオリサーチ調べ)(引用終わり)

地方に拡散しているという記事で、それはそれでド素人にもわかりやすいのだが、ではどうして、東京という地方の地元球団の一つ巨人の視聴率は振るわないのだろうか。

|

« 韓国地方選で惨敗した与党ウリ党、鄭東泳議長の責任問題は大統領選にどう響くのだろう | トップページ | なんと民主党の法案を拒否する民主党~Flip-Flopper DPJ~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69096/2034385

この記事へのトラックバック一覧です: ド素人が野球について(略)・・・巨人戦の視聴率に一体何が起こっているのだろうか:

« 韓国地方選で惨敗した与党ウリ党、鄭東泳議長の責任問題は大統領選にどう響くのだろう | トップページ | なんと民主党の法案を拒否する民主党~Flip-Flopper DPJ~ »