« 朴槿恵ハンナラ党党首襲撃事件、これは政治的テロなのだと | トップページ | 日本国連加盟50年と台湾加盟を認めないWHO »

2006年5月22日 (月)

森前総理の憂鬱(?)「肩すかし」→肩すかし

森前総理が「肩すかし」、そりゃ肩すかしも肩すかしでしょうよ。今話題の森派の派閥会長となれば、総裁選しかない。

とはいえ、確か最近ロシアとかにも行っていたはずなのだ。そうなんだから、話の内容は日露外交ということになるのは当然も当然。肩すかしを食らったのは出席者だけではなく、森前総理でもあるようで。

(以下、ZAKZAKの記事より引用)
森肩透かし“引退願望”まで吐露…会場から苦笑

森喜朗前首相=写真=が22日、日本記者クラブで講演した。何かと話題になる森氏とあって、その発言に注目が集まったが、1時間を超えて講演したテーマは終始、日露外交。出席者をややがっくりさせた。

自民党総裁選に関する言及といえば、「靖国問題を総裁選の争点にするべきではない」とか、「福田さんを先に(首相に)して、安倍さんをやって、(私が)影響力を行使しようとしているとか全く間違っている」とこれまでの発言を繰り返しただけ。

総裁選でポスト小泉の有力候補である安倍晋三官房長官と福田康夫元官房長官を抱える森派会長の出番とあって、同クラブが主宰する記者会見としては今年最多の出席者が集まった。しかし、サービス精神旺盛の森氏にしては珍しく、中身はおとなしい講演に。「私は影響力のない政治家になりたい。疲れている。もう少しゆっくりした時間で外交でもやれれば…」と最前線からの“引退願望”まで吐露し、会場からは苦笑が漏れた。

しかし、そこは派閥会長らしく、「派閥(政治)をやめても、形が変わるだけ。政治家には人には言えない悩みがある」などと、“派閥のススメ”をぶつことも忘れなかった。ZAKZAK 2006/05/22(引用終わり)

引退願望に関しては確か「諸君!」というので以前読んだ記憶があるので、それほどといった感じではあるのだが・・・・それにしても揺れる東欧・中央アジア、対イラン・北朝鮮、エネルギーを背景にしたロシアの経済成長と圧力外交、極東地域での経済協力、上海協力機構の不可解な動き等々、対露外交で森前総理が何を話したのかというのは興味深いのに・・・・・「自民党総裁選は化け物か」、総裁選というのはまるでさまざまなテーマを吸い込むブラックホールみたいに感じられてならない。

|

« 朴槿恵ハンナラ党党首襲撃事件、これは政治的テロなのだと | トップページ | 日本国連加盟50年と台湾加盟を認めないWHO »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69096/1898900

この記事へのトラックバック一覧です: 森前総理の憂鬱(?)「肩すかし」→肩すかし:

« 朴槿恵ハンナラ党党首襲撃事件、これは政治的テロなのだと | トップページ | 日本国連加盟50年と台湾加盟を認めないWHO »