« 合衆国大統領の面会(3)ジェイ・レフコウィッツ合衆国北朝鮮人権特使をはじめとする韓国の対北姿勢に対する不信感、はたして韓国は変わるだろうか(個人的には悲観的) | トップページ | 5月3日といえば「世界報道の自由の日」です »

2006年5月 2日 (火)

不法占拠している竹島帰りの韓国与党代表と会う民主党の鳩山幹事長

そういうのは「ぎくしゃくする日韓関係における政党外交の成果」といわず、「韓国の御用聞き」というのである。どこの世界に、自国の領土を不法に占拠しつつそこにヘリで上陸しアジテーションして戻ってきた輩にほいほいあいにく政治指導者がいるというのだ。

(以下、毎日新聞の記事より引用)
鳩山民主幹事長:与党議長と会談 竹島問題などで意見交換

【ソウル堀山明子】民主党の鳩山由紀夫幹事長は2日、ソウルで与党・開かれたウリ党の鄭東泳(チョンドンヨン)議長(党首)と会談し、竹島問題で日韓の相互不信が高まっている状況の打開策について意見交換した。鳩山氏によると、鄭議長は会談で「近隣諸国に尊敬されずに世界に尊敬されるはずはない」と小泉純一郎首相のアジア外交を批判。竹島問題は歴史認識問題との立場を強調し、「どんな犠牲を払っても譲れない」と語った。毎日新聞 2006年5月2日 19時49分(引用終わり)

そのときの鳩山幹事長の発言内容が、他に山崎自民党前副総裁が潘基文外通相との会談に関するニュースの中で記されている。
(以下、JNN News-iの記事より引用)
山崎前副総裁、韓国外交通商相と会談

韓国を訪問している自民党の山崎前副総裁は、パン・ギムン外交通商部長官と会談しました。

この中でパン長官は、日本と韓国がお互いに領有権を主張している竹島の問題について、話し合いで解決を図るべきだという考えを強調しました。

会談でパン長官は「今後も対話を通じて解決を図っていくべきだ」とした上で、竹島を巡る日本と韓国の排他的経済水域の境界線確定交渉については「今月中に始めることで合意している」と述べました。また、北朝鮮の核問題を巡る6カ国協議の再開について、パン長官は来週日米韓の三国の当局者が意見交換する方向で調整していることを明らかにしました。

一方、同じく韓国を訪問している民主党の鳩山幹事長は、与党ウリ党のチョン・ドンヨン議長と会談し、竹島問題については「時間をかけて議論し解決していきたい」と述べました。これに対してチョン議長は、小泉政権の外交政策は間違っていると指摘し、竹島については「いかなる犠牲を払っても守らなくてはいけない」と強調しました。(02日22:02)(引用終わり)

不法占拠している竹島でアジって帰ってきたウリ党の議長に、言うに事欠いて「時間をかけて議論し解決していきたい」とまで言っている。時間をかけたら、不法占拠し続けている期間がそれだけ延びるだけではないか、あほらしい。こういうのを○○○というのだろうか。

|

« 合衆国大統領の面会(3)ジェイ・レフコウィッツ合衆国北朝鮮人権特使をはじめとする韓国の対北姿勢に対する不信感、はたして韓国は変わるだろうか(個人的には悲観的) | トップページ | 5月3日といえば「世界報道の自由の日」です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69096/1654900

この記事へのトラックバック一覧です: 不法占拠している竹島帰りの韓国与党代表と会う民主党の鳩山幹事長:

« 合衆国大統領の面会(3)ジェイ・レフコウィッツ合衆国北朝鮮人権特使をはじめとする韓国の対北姿勢に対する不信感、はたして韓国は変わるだろうか(個人的には悲観的) | トップページ | 5月3日といえば「世界報道の自由の日」です »