« 国連でいろいろありそうで | トップページ | この際「麻垣康三」にせっかくだからもっといろいろつけてみたくなりますよね・・・・なんちゃって »

2006年5月10日 (水)

自民・公明の国対に「戦う意志」はありや、与党の役割は野党に譲歩することではなかろうに

別に自民・公明・民主で連立を組んでいるわけでもない、先の衆院選は民主党を多数党に選んだという選挙結果ではなかった。にもかかわらず、どうして民主党の事情で引っ込める必要があるのか素人には理解できない。

審議拒否ではなく共同提案拒否、言ってることがころころ変わる政党の都合に合わしていては、進む改革も進まないだろうに。

(以下、毎日新聞の記事より引用)
国民投票法案:今国会での提出、自公が断念へ

自民、公明両党は9日、憲法改正の手続きを定める国民投票法案について、今国会での提出を断念する方向で検討に入った。民主党を合わせた3党での共同提案を目指していたが、民主党がこの日、共同提案に応じない方針を固めたため、与党だけでの提出は困難と判断している。

自民党は10日、民主党の方針をただした上で、同法案の今国会での対応を詰める方針だが、公明党幹部は「3党で提出することに意味がある」と述べ、共同提案から民主党が離脱する場合は今国会への提出を見送る考えを示唆。自民党国対幹部も「自公だけで提出するのは困難だ」と述べた。

与党内のこうした考えの背景には、手続き法の段階で3党の足並みがそろわなければ、「衆参両院議員の3分の2以上の賛成」が必要な憲法改正の実現性そのものが極めて乏しいとの判断がある。

これに先立ち、民主党は9日、国民投票法案をはじめ自民、公明両党との共同提案を目指してきた重要法案について、原則として共同提案に応じない方針を固めた。与党との対決路線を掲げる小沢一郎代表の意向によるもので、小沢氏ら党執行部は同日、この方針を確認した。

小沢氏は9日の記者会見で、国民投票法案について「3党の共同提案にはあまり賛成ではない」と指摘。そのうえで「手続き法だから、それほど(与党案に)目くじらを立てるものではないが、(投票権者の)年齢など(与党案と違う)党の主張がある。私どもは私どもの考え方で対応すればいい」と述べ、党独自に法案を提出する可能性も示唆した。

同法案をめぐっては、投票権者の年齢について自公両党が「20歳以上」、民主党は「18歳以上」を主張。国民投票の対象を憲法改正以外に広げるかに関しても対立している。【須藤孝、平元英治】毎日新聞 2006年5月10日 3時00分(引用終わり)

自民党の国対がやるべき仕事はマニフェストにかかれている内容を実行することにあるのであって、民主党に配慮を示しているのでは一体何がしたいのか分からない。

|

« 国連でいろいろありそうで | トップページ | この際「麻垣康三」にせっかくだからもっといろいろつけてみたくなりますよね・・・・なんちゃって »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69096/1744656

この記事へのトラックバック一覧です: 自民・公明の国対に「戦う意志」はありや、与党の役割は野党に譲歩することではなかろうに:

« 国連でいろいろありそうで | トップページ | この際「麻垣康三」にせっかくだからもっといろいろつけてみたくなりますよね・・・・なんちゃって »