« 何期つとめても1期ごとに支払われる知事退職金の金額は、知事の職責の重さは民間企業の取締役と同等、という概念の元にあるとか | トップページ | 国連でいろいろありそうで »

2006年5月 8日 (月)

前の衆院議長と違ってこの人には衆院議長としての品格を感じられない

綿貫民輔・現国民新党代表で前の衆院議長が日本の議会制度に関して著されたとしたら買いたいと思うが、河野現衆院議長が日本の議会制度に関する著書を出されてもどれだけ安かろうが買いたいとは思わない。

(以下、毎日新聞の記事より引用)
河野衆院議長:小泉政権の米国外交政策を批判 総合誌で

河野洋平衆院議長は8日発売の月刊誌「世界」で、小泉政権の外交政策について「日米同盟があるからといって、『米国が行くならついていく』ということまで、国会が時の政権に唯々諾々と従っていかなければならないものか、疑問を持っている」と批判した。さらに「米軍のイラク攻撃の時、小泉政権はパッと『支持する』と言った。『支持しておかないと北朝鮮で問題が起きたら困る』と言う。(外交は)こんな単純なことではない」とも指摘した。

日本が国連安全保障理事会の常任理事国入りを希望しながら実現しなかったことについては、「アジアから支持を得られなかったからだ。中国、韓国が積極的に支持しなければ、理事国入りなんてありえない」と、中韓両国との関係改善を求めた。【平元英治】毎日新聞 2006年5月8日 18時53分(引用終わり)

大体、この現議長が外相時代の北朝鮮外交はむちゃくちゃだったではないかとか、中国・韓国が支持すれば他の国が支持しないのではないか、どんな隣国関係でもどちらか一方の隣国の発言力が増大する事態には懸念を抱くだろうにとか、大体G4を構成する国の中にはこれではアメリカが反対することは明らか、もしくは根回しがなかった時点でどれだけ本気だったのか、むしろ分担金議論を巻き起こすことが目的だったのではないかとも言われているが、この現議長のこの認識はいったい何なんだろう、それこそ「こんな単純なことではない」というのはさておきである。

衆院議長に発言の自由はあるか、確かにあるだろう。内閣総理大臣に発言の自由はあるか、確かにあるだろう。

しかし、綿貫民輔前衆院議長は永田前議員のがせメール問題に際して、小泉総理が永田前議員の懲罰について、除名は厳し過ぎると発言したことに関し、議会の自律権に属する問題に行政府の長が容喙することは明らかに越権行為である、といったことを懲罰委員会で言った。

では、外交権はどこにあるか。憲法72条や73条を見れば明らかで内閣にある。総理経験者を議長公邸に呼びつけて、中国に媚びろと言わんばかりのことをやってのけた河野衆院議長がまたしてもやらかした。こういうことをおっしゃられるのであるなら、議長職を辞し、ポスト小泉レースに名乗りをあげられたらいかがかという感じがしてならない。

|

« 何期つとめても1期ごとに支払われる知事退職金の金額は、知事の職責の重さは民間企業の取締役と同等、という概念の元にあるとか | トップページ | 国連でいろいろありそうで »

コメント

はじめまして。
リニューアルされた岩波新書、そこそこ売れているんでしょうか。私としては買いたいものがない。筑紫哲也のものなんか誰が買うんでしょうかね。
新潮新書などが成功しているのは第一にタイトル、第二にタイトルですよね。
岩波さんも苦しいね。『世界』ね、岩波茂雄は苦労人で商売人だったんだけど。

で、河野洋平氏ですか。長生きすることは人間にとって大事なこと幸せなことですが、生きていて害を及ぼす人もいるんですね。
最近、中国の軍事問題に詳しい平松茂雄さんの講演をお聴きし、著作を読みました。氏の洒脱で飄々とした話を直接聴いて、「日本危うし」という大変な危機感を感じました。
河野氏は日本を取り巻く状況に関して何にも考えていないし知らないんですよね。
支那になめられるわけですね。

教科書検定における「近隣諸国条項」と「慰安婦」問題における誤った対応と意思決定について反省文を出して、政界を引退(昔だったら切腹ですけど)していただきたい。「売国奴」と公然と呼ばれる前に。

太郎くんはお父さんに直ちに引退を勧告すべきです。

失礼しました。

投稿: 東海散士 | 2006年5月 8日 (月) 23:35

東海散士様、コメントありがとうございます。

ですよね・・・といわれましても、小生あまり出版界のことも知らないもんで、数年前に岩波新書に黄色や緑の表紙があったことで驚いたりもしたぐらいですし。新潮新書はタイトルもさることながら、POP広告や帯もまた惹かれるものがあるように思います。しかし、それもタイトルのわかりやすさがなせる技なのかも知れません。まず、タイトルがだめだったらそれをアピールする広告の効果も減じかねませんし。

河野衆院議長に関してです、河野衆院議長の認識する日本を取り巻く世界情勢が、「世界」誌の誌面情勢ではないことを祈るばかりです。加えて遺棄兵器に関しでたらめな約束をしてきた問題でも反省文を出して頂きたいですよね。

投稿: tomoyts1 | 2006年5月 9日 (火) 00:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69096/1723854

この記事へのトラックバック一覧です: 前の衆院議長と違ってこの人には衆院議長としての品格を感じられない:

» ◆前宮城県知事・浅野史郎さん講演会とセットもあり。無党派市民派議員を増やす講座を開始 [てらまち・ねっと]
 来年4月は、4年に一回の統一地方選挙(統一自治体選挙)です。  私たちは、各地に、無党派市民派の議員を増やしたいと、連続講座を企画しています。 ●昨年の勉強会  候補者・市民派議員・政治を変えたい人のための講座(M&T企画/自主講座)を昨年、4回連続で行いました。その経過は 2月4日のブログ をどうぞ。  このページやチラシ・データなどの 《転載・転送大歓迎》 です。  興味ある方は、プリントアウトなどし... [続きを読む]

受信: 2006年5月10日 (水) 12:19

« 何期つとめても1期ごとに支払われる知事退職金の金額は、知事の職責の重さは民間企業の取締役と同等、という概念の元にあるとか | トップページ | 国連でいろいろありそうで »