« 米中首脳会談で胡錦涛国家主席の冒頭スピーチに中国における人権弾圧に抗議する女性が | トップページ | 「不測の事態を回避」、といっても何の解決にもなっていない »

2006年4月21日 (金)

海洋調査、民主党はコメンテーターの集まりなのか

じゃぁ、いつ海洋調査したらいいと言うつもりなのだろうか。

(以下、日本経済新聞の記事より引用)
民主幹事長「竹島問題、韓国と衝突は拉致問題に悪影響」

民主党の鳩山由紀夫幹事長は21日午後、党本部で記者会見し、日韓双方が領有権を主張している竹島(韓国名・独島)周辺海域で日本が予定する海洋調査に韓国が反発している問題に関し、「せっかく拉致問題での協力が重要な局面を迎えている中で、竹島問題で衝突することは、結果として拉致問題にも悪影響を与える」と懸念を表明した。

一方、「当然ながら竹島は日本固有の領土であるという認識を民主党も有しているのは言うまでも無い」と語った。海洋調査の正当性に関しても、「海底地形の名称を決める6月のドイツの国際会議で、韓国がハングル名を出せば日本として不利という判断は当然」と支持した。〔NQN〕 (15:38)(引用終わり)

国際的な急速な技術進化・流通と爆発的な人口増大といったこのご時世、どんな問題だってどんな国とでも協力して対処していくことが重要に決まっているにもかかわらず、
「○○の問題で協力しないといけない時期に、こういうもんだいで××国と衝突することは、結果として○○という問題解決に悪影響を与える」と仰せになりながら、「しかしながら、△△の問題は国益上行ってしかるべき」などとのたまわれる政治家は、いっそのこと「テレビのコメンテーターが話している以上の内容は話すつもりがない、どういう状況なのか分かってるか分かってないかについては答えたくない」とでもいったらどうなのだ。

大体である。盧武鉉政権と拉致問題での対応を協力するとはいったいどういうつもりか。協力するのではなく盧武鉉政権に圧力をかけなければ、わけのわからない対北経済支援に手を貸し、独裁政権の延命につきあわされることになる。

(以下、中央日報の記事より引用)
22日から南北閣僚級会談・・・拉致問題など提起

韓国・北朝鮮(南北)は22日に平壌(ピョンヤン)高麗ホテルで開かれる全体会議から、第18回閣僚級会談に入る。

南側は今回の会談で、拉致被害者・国軍捕虜の安否確認と送還の必要性を取り上げ、こうした提案を北朝鮮が受け入れた場合、積極的に対北朝鮮経済支援を行う用意がある点を強調する予定だ。

その間、拉致被害者・国軍捕虜の存在を否認してきた北朝鮮がどんな反応を見せるのか注目されている。

双方はこのほか、南北間鉄道の試験運行や共同漁労区域の設定、金大中(キム・デジュン)前大統領の平壌訪問などを議論する。

特に南側首席代表として初めて会談に参加する李鍾ソック(イ・ジョンソック)統一部長官が、金正日(キム・ジョンイル)国防委員長と会うかどうかにも関心が集まっている。

代表団は21日、大韓航空チャーター機で平壌・順安(スンアン)空港に到着、朴奉珠(パク・ボンジュ)内閣総理主宰の歓迎夕食会に出席した。 (引用終わり)

北朝鮮側が韓国側に拉致問題の若干の進展を示したのみで、韓国側が経済支援続行するのみに終わったりでもしたら、北朝鮮による多くの拉致被害者の方々、日本や韓国のみならず、タイにもいるマカオ・シンガポール、イタリア、ルーマニアなど多くの国の北朝鮮による拉致被害者の方々すべての救出するといったことに障害になる。それだけではない、国内の人権侵害、核や化学兵器といった大量破壊兵器とそれらの製造や世界的な拡散、偽札・覚醒剤といった許されざる国家犯罪に対する国際的な取り組みが水泡に化しかねない。にもかかわらず援助を行う韓国と協力しなければならない時期とは、いったいどういうつもりか。

|

« 米中首脳会談で胡錦涛国家主席の冒頭スピーチに中国における人権弾圧に抗議する女性が | トップページ | 「不測の事態を回避」、といっても何の解決にもなっていない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69096/1495006

この記事へのトラックバック一覧です: 海洋調査、民主党はコメンテーターの集まりなのか:

« 米中首脳会談で胡錦涛国家主席の冒頭スピーチに中国における人権弾圧に抗議する女性が | トップページ | 「不測の事態を回避」、といっても何の解決にもなっていない »