« すべてのヘイトスピーチを容認し、その内容を肯定する風刺画を発表しようとでも言うのだろうか | トップページ | フリップフラップ民主党の外交安全保障政策はどうなるか »

2006年3月 4日 (土)

老獪なのかお人柄なのか

(以下、ZAKZAKの記事より引用) 民主渡部怪気炎「みのさんに、次期代表を頼む」 「前原より鳩山」朝からTV出演で“本音”

民主党の渡部恒三国対委員長が4日朝、TBS系「みのもんたのサタデーずばッと」に生出演。「堀江メール」問題で求心力が低下した前原誠司代表を支える決意を語ったが、今年9月の代表選について聞かれ、「現実的には鳩山(由紀夫幹事長)君だろう」ともらすなど、前原支持が一時的という本音も覗かせた。

「民主党をいいなぁ〜と思っている人はいないが、日本の民主主義のためには自民党に代わり得る政党が必要なんです」

独特の会津なまりで、副議長経験者ながら異例の国対委員長を受けた真意を語った渡部氏。

気さくな人柄と話術で、司会のみの氏や政治評論家の岩見隆夫氏を和やかにさせたが、注目は次期代表の見立て−。

みの氏=写真左=が、菅直人元代表や小沢一郎元副代表、河村たかし衆院議員らの写真付きパネルを手に「どうでしょうか?」と水を向けると、冒頭のように「鳩山代表説」を披露。ただ、発言の影響を考えてか、すぐ、「民主党が次の選挙で政権を獲るには、みのもんた氏に次期代表を頼むしかない」とけむに巻いた。

代表選を見据えて、党内各グループが牽制していることについても、「魚を釣り上げる前に、その魚の分け前でケンカしていても仕方ない。民主党が反省しなきゃならないのは、国民に党内のゴタゴタを見せたことだ」と一喝した。

圧倒的な存在感。ゲストの自民党議員からは「事実上の党首として頑張ってほしい」とエールまで送られていた。ZAKZAK 2006/03/04(引用終わり)

|

« すべてのヘイトスピーチを容認し、その内容を肯定する風刺画を発表しようとでも言うのだろうか | トップページ | フリップフラップ民主党の外交安全保障政策はどうなるか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69096/1387981

この記事へのトラックバック一覧です: 老獪なのかお人柄なのか:

« すべてのヘイトスピーチを容認し、その内容を肯定する風刺画を発表しようとでも言うのだろうか | トップページ | フリップフラップ民主党の外交安全保障政策はどうなるか »