« 思い出してみると、代表戦前倒しと一月にいっていたのは前原代表その人 | トップページ | なぜか党派的な活動が目立つ副議長、民主党次期代表はいつ・だれになろうが集団指導体制か? »

2006年3月 7日 (火)

民主党の前倒しを巡る悩ましい三ヶ月

前原代表が総裁選を前倒しと言い出す

鳩山幹事長が否定

前原代表トーンダウン

例のガセメール

前原代表責任論

渡部国対委員長が前倒しと言い出す

前原代表・鳩山幹事長が否定

渡部国対委員長、前倒し論撤回

(以下、共同通信の記事より引用)
代表選前倒しせず 民主、9月実施を確認

民主党は7日午前の役員会、常任幹事会で、代表選を前倒しせずに予定通り9月に実施する方針を確認した。国会対応では、渡部恒三国対委員長がスキャンダル追及よりも具体的なデータに基づく小泉改革の「影」の部分の検証に力点を置くことを説明、了承された。

輿石東参院幹事長が次期代表選に関して「前倒しを求めるいろいろな意見が出ているが、けじめをつけた方がいい」と党の方針を明確化するように要請。ほかのメンバーからは従来の9月実施を支持する声が相次ぎ、規約通り行うことにした。

前倒しに言及していた渡部氏は「言葉足らずの面があり、迷惑を掛けた」と釈明。同時に「いまや民主党は倒産寸前の状態だ。一致結束して頑張ってほしい。自分も先頭に立って頑張る」と、反転攻勢への決意を示した。(共同通信)- 3月7日12時28分更新(引用終わり)

果たして本当に前倒しはないのか?

|

« 思い出してみると、代表戦前倒しと一月にいっていたのは前原代表その人 | トップページ | なぜか党派的な活動が目立つ副議長、民主党次期代表はいつ・だれになろうが集団指導体制か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69096/1387978

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党の前倒しを巡る悩ましい三ヶ月:

« 思い出してみると、代表戦前倒しと一月にいっていたのは前原代表その人 | トップページ | なぜか党派的な活動が目立つ副議長、民主党次期代表はいつ・だれになろうが集団指導体制か? »