« フリップフラップ民主党の外交安全保障政策はどうなるか | トップページ | 民主党の前倒しを巡る悩ましい三ヶ月 »

2006年3月 6日 (月)

思い出してみると、代表戦前倒しと一月にいっていたのは前原代表その人

政治の世界は一寸先は闇といったものであるが・・・・

民主党は言ってることがころころ変わりすぎる。

(以下、日刊スポーツの記事より引用)
民主前原代表、9月の代表選前倒しを検討

民主党の前原誠司代表は4日、三重県伊勢市の伊勢神宮を参拝、その後記者会見し、今年9月に予定されている党代表選の時期について「9月までが私の任期だが、(同月下旬の)自民党総裁選をみながら、少し前倒しすることも考えていかねばならない」との認識を表明した。

理由としては、自民党総裁選と並行実施すれば埋没しかねないとの党内の懸念を念頭に、「(代表選で)政策論争する中で、国民の民主党への求心力(アップ)になるような戦い方をするのがベストではないか」と説明。同時に「執行部の皆さんと相談し、戦う集団としての民主党の政策をどうアピールできるのか議論したい」として、時期前倒しについて執行部内での協議を急ぐ考えも示した。

小沢一郎前副代表が代表選に積極的にかかわる意向を示していることに関しては「素晴らしいキャリアを積んできたので有資格者の1人だ」と指摘した。[2006/1/4/13:55](引用終わり)

今となっては前倒しを否定する前原代表自身が、一月時点では代表選前倒し論者だったのだ。

|

« フリップフラップ民主党の外交安全保障政策はどうなるか | トップページ | 民主党の前倒しを巡る悩ましい三ヶ月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69096/1387979

この記事へのトラックバック一覧です: 思い出してみると、代表戦前倒しと一月にいっていたのは前原代表その人:

« フリップフラップ民主党の外交安全保障政策はどうなるか | トップページ | 民主党の前倒しを巡る悩ましい三ヶ月 »