« 誰かが言った、「火消しと政治責任の取り方は似ている。ただし政治責任には粋もいなせもない」と | トップページ | ボルトン大使閣下の国連改革(三)、日本も一緒にPKO改革働きかけ »

2006年2月25日 (土)

民主党・浪花節は個々人の人生だけの話にしていただきたい

「政治家としてチルドレンだ」・・・・野田民主党国対委員長が自民党新人議員が国会をさぼって講演だかに出向いた時に、その行動を適切に皮肉った言葉である。

しかし「政治家としてチルドレン」という言葉ほどに、今の民主党ほど似合う皮肉はない。

以下引用する毎日新聞の記事の最後の辺りに、「また代表を使い捨てるのか。そんなことになればこの党はもうだめだ」という前原氏に近い議員が吐き捨てたとある。一瞬、こんなのは台詞だと書きそうになるほどバカにするなと感じる。

これは民主党の議員のみならずすべての議員に当てはまることだが、ほとんどの有権者は政治家を「使い捨てる」。投票して当選した政治家がどうしょうもない人物であるならば、次に投票しようとは思わない。当然ではないか。

「使い捨て」られない政治家というのは、有権者の信託に真摯に応え、訴えた政策をさまざまな権謀術数渦巻く永田町にあってなお実行し、そしてよりよい日本にしてゆくべき新たなる政策を提示していくことが出来る政治家ではないのか。

確かに、政党人であるならば党のトップを守ろうとするのは当然だろう。
しかし、それは政党の政策や自らの信念を国政に反映させるために行うことであって、浪花節で同情を引いたり自らの責任を回避するために、その人間がトップにいれば楽が出来るからという理由で行われるものではないはずだ。

こういう輩とは違ったのが小泉チルドレンである。
自らの信念とは違う政策が出てくれば、世間的に観れば小泉旋風のおかげで当選しただけに見えるようにもかかわらず、小泉政権から出てくる信念と異なる問題ではNoという意志を勉強会作りで見せつけた。これが国家を保守しよりよりよい国にしようとする政治家の姿ではないのか。

小泉チルドレンと現在の民主党、どちらがよりチルドレンなのか。字数を尽くす必要もないだろう。

(以下、毎日新聞の記事より引用)
堀江メール:野田氏引責か 人心一新か…揺れる責任論

民主党の野田佳彦国対委員長が24日、ライブドア事件をめぐる「送金メール」問題を国会で質問した永田寿康(ひさやす)衆院議員が辞職した場合の自身の責任論に言及したことで、執行部の責任論が党内で顕在化した。ただ、野田氏の引責か、前原誠司代表も含む執行部全体の責任となるのか、党内は揺れている。

野田氏は記者団に「疑惑を追及しようとしている議員が辞職すれば、『疑わしい』と行動した人が国会で発言できなくなる。そうなれば現場で発言する議員ではなく、上の者の方が責任が重い」と自らの責任に言及。「私以上(の人に責任)はない」とも述べ、前原氏の責任論を否定した。

前原氏は23日の緊急役員会で「生き恥をさらしても、9月(の任期切れ)まで(代表を)務め上げたい。野田さんにも頑張ってもらう」と力説。若手議員は「野田氏は前原氏に波及するから辞めないだけで、本当は辞めたいのだろう。野田氏が辞めれば前原氏は死に体になる」とみる。

国対幹部は(1)メール入手から国会質問までの経緯を党として調査し、結果を公表(2)永田氏の議員辞職と野田氏の国対委員長辞任−−で決着を図りたい考え。鳩山由紀夫幹事長は24日の記者会見で「1週間くらいの間に調査結果を得て、その中で(責任論を)判断していく」と説明した。

ただ、これで収拾を図れるかは微妙だ。前原氏がライブドア問題での追及姿勢を強調していることについては「メール問題をクリアしなければ誰も相手にしない」(参院中堅)と冷めた声も。同日の前原氏の「(執行部責任論は)マスコミからしか出てこない」という発言がテレビで報道されると、幹部の事務所には発言を批判する電話が殺到。旧社会党系議員は「前原氏は完全に終わっている」と断じた。

鳩山氏は23日のTBS番組で自らを含む執行部全体の責任論に触れた。ただ、24日の会見で「(野田氏の発言は)職責を果たすことを述べた」とも語っており、責任論は辞任を意味しないとの見方もあるが、側近議員は「自分が辞めれば『信ぴょう性は高い』と発言した前原氏も辞めると考えているのでは」と語る。

前原氏に近い議員は、執行部全体の責任論について「また代表を使い捨てるのか。そんなことになればこの党はもうだめだ」とはき捨てた。【衛藤達生、山田夢留】毎日新聞 2006年2月24日 21時46分 (最終更新時間 2月24日 23時36分)(引用終わり)

|

« 誰かが言った、「火消しと政治責任の取り方は似ている。ただし政治責任には粋もいなせもない」と | トップページ | ボルトン大使閣下の国連改革(三)、日本も一緒にPKO改革働きかけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69096/1387988

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党・浪花節は個々人の人生だけの話にしていただきたい:

« 誰かが言った、「火消しと政治責任の取り方は似ている。ただし政治責任には粋もいなせもない」と | トップページ | ボルトン大使閣下の国連改革(三)、日本も一緒にPKO改革働きかけ »