« 国連がPSI絡みで動けるような組織になるのだろうか | トップページ | 永田町でチョコでちょこちょこっと、ともありますがいろいろと »

2006年2月14日 (火)

対テロ対策に反対する民主党、いったい誰の人権を守ろうというのか

対テロというと民主党幹部は反対するようである。国民の安心安全や自由と人権を守るためのテロ対策に反対する民主党が安心国会とかよく言えたもんだ。

(以下、共同通信の記事より引用)
16歳以上外国人の指紋採取 対テロで入国審査時

政府は14日までに、テロ対策の一環として、16歳以上の外国人に入国審査時の指紋採取を原則として義務付ける入管難民法改正案をまとめた。法相がテロリストと認定した者について、強制退去処分にできる規定の新設も盛り込んだ。

自民、公明両党の了承を得て今国会に提出し、成立させる方針だが、指紋採取の義務化については、人権上の問題から「軽々に認めるべきでない」(民主党幹部)などといった指摘も多く、国会審議での焦点となりそうだ。

改正案は、政府が2004年12月に策定した「テロの未然防止に関する行動計画」を踏まえたもので、日本に入国する外国人は指紋や顔写真などの「個人識別情報」を提供しなければならないと規定した。(共同通信)- 2月14日8時35分更新(引用終わり)

こういうとき、自称リベラルズが持ち出すものの一つにベンジャミン・フランクリンがある。この場合、もちろん「よう、見て見ろよ、ストーブを発明した」ではなく「ささいで一時的な安全を得るために大切な自由を捨てることが出来る」みたいな文脈である。

しかし、現実に書類だけの審査では不法入国者を見逃す。そして不法残留。

(以下、時事通信の記事より引用)
成り済まし旅券取得=日本人の名義借り−韓国人ら3人逮捕・愛知県警

日本人に成り済まし旅券を取得したとして、愛知県警外事課と中部空港署は14日、旅券法違反の疑いで韓国籍の無職金貴艶容疑者(30)=入管難民法違反罪で起訴=を再逮捕。名義を貸した静岡県浜松市高丘東、会社員太田順子(31)▽仲介した同市西ケ崎町、運送業木下晃(52)の両容疑者を旅券法違反容疑で逮捕した。3人とも容疑を認めている。

金容疑者は2003年8月に短期(90日)滞在ビザで入国。不法残留状態となっていた。「再来日したかったが、強制送還されると5年間入国できないので、名義貸しを頼んだ」と供述している。(時事通信)- 2月14日19時0分更新(引用終わり)

もう一つ反対論を見聞きし、広島市の小1女児殺害事件が頭をよぎる。幼子が無惨に殺されたという衝撃のみならず、書類だけに頼る入国審査等で在日外国人に対する疑心暗鬼のムードが高まった。
(以下、共同通信の記事より引用)
日系人の「定住」審査強化 犯歴なしの証明義務付け

広島市の小1女児殺害事件で、日系人として入国したペルー国籍のホセ・マヌエル・トレス・ヤケ容疑者(33)が逮捕されたのを受け、法務省は9日、日系人に対する「定住者」の在留資格審査を強化し、犯歴がないことを証明する文書提出を申請者に義務付けることを決めた。

日系人と偽って在留資格を取得するために、一部の外国では虚偽の公文書売買などが横行しているとの指摘もあり、日系人として在留申請する外国人のほかの提出書類もチェックを強化する。

法務省は定住者資格の審査では、祖父母の戸籍や申請者の出生証明書などを提出させていたが、これまでは本国での素行をチェックする書類の提出は求めていなかった。(共同通信)- 12月9日12時49分更新(引用終わり)

そういえば、こうした事件もあった。
(以下、共同通信の記事より引用)
トレス被告の“弟”収容 日系人「ヤギ」と偽り入国

広島市の小1女児殺害事件で、殺人などの罪で起訴されたペルー国籍のホセ・マヌエル・トレス・ヤケ被告(33)の弟と偽って不法入国していた同国籍の20代の男を名古屋入国管理局が入管難民法違反(不法入国)容疑で摘発し、強制収容したことが22日、分かった。

男は、トレス被告が当初名乗っていた「ピサロ・ヤギ」姓の旅券を持ち、日系人として「定住者」の在留資格を取得。同被告が来日した昨年4月に名古屋空港から入国、三重県鈴鹿市に住んでいた。

男は名古屋入管の調べに「旅券は偽名だ」と供述、偽造旅券で入国したことを認めている。日本での就労を目的に、日系人としての資格を不正取得したとみられる。(共同通信)- 12月22日22時6分更新(引用終わり)

現在ではトレス・ヤケ被告であるが、この男の残虐な犯行はご遺族並びに関係者に小生などが想像出来ないほどに傷つけ苦しませ、この男の許されざる「偽装」や「偽造」によって真っ当な在日外国人や外国人に対する偏見を増幅させた。この原因をすべて入管制度に求めるのは愚かしい、事件はトレス・ヤケ被告が引き起こしたのだから。しかし、入管制度がこうした指紋認証のみならず出国先政府関係各所との連携も加えた形でより個人を正しく認証し、こうした「偽装」や「偽造」を見抜くものであったならまっとうな人たちまでも疑いの目で見られるような事態は軽減出来たのではないかと思えてならない。

テロリストや不法入国の輩の人権を擁護するかのごとき民主党幹部の態度。日本人の生命や財産人権と真っ当な在日外国人の人権を不法の輩よりも軽んじているように思えてならない。女性の選択権のためなら胎児の生命権を否定し中絶を是認するような者と似ている。

|

« 国連がPSI絡みで動けるような組織になるのだろうか | トップページ | 永田町でチョコでちょこちょこっと、ともありますがいろいろと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69096/1387999

この記事へのトラックバック一覧です: 対テロ対策に反対する民主党、いったい誰の人権を守ろうというのか:

« 国連がPSI絡みで動けるような組織になるのだろうか | トップページ | 永田町でチョコでちょこちょこっと、ともありますがいろいろと »