« 共和党大会二日目(1 I'll Be BACKのシュワルツェネッガー知事の感動的な演説) | トップページ | えっ、それだけ?・・・・・小泉首相ぅぅぉ »

2004年9月 2日 (木)

共和党大会三日目(1 チェイニーの刺激的な演説と乱反射する鏡)

刺激的、まぁ言い方変えれば攻撃的。
チェイニー副大統領の指名受諾演説。

Text of Dick Cheney's Speech at the RNC(AP)

受諾の御礼の後から、攻撃的な姿勢が徐々に・・・


Tonight I will talk about this good man and his fine record leading our country. And I may say a word or two about his opponent. I am also mindful that I have an opponent of my own. People tell me that Senator Edwards got picked for his good looks, his sex appeal, and his great hair. I say to them, "How do you think I got the job?"

序盤からこんな感じである。

顔がいいとかで選ばれた人間がいるなんていう人には、「私が副大統領をやっているのはなぜだと思うか」と聞いてみたい。
大まかにはこんな感じ。

まぁ、顔がいいとかファッションセンスがいいとかそういう風に捕らえられているエドワーズ候補の選挙戦略がまずいといえばまずい。本来ならやり手の弁護士であるとか家族と一緒にいるとかそういうイメージ、そしてケリー候補と対称的に決して豊かではないところから頑張ってやってきて、中間層の気持ちがわかる副大統領候補というイメージが薄いからこういうことにもなるのかもしれない。

しかし、まぁそういった皮肉も込められているがどちらかといえば、高齢であるとか病気の話がすぐに出てくるチェイニーが、自らはキャリアがあって副大統領をやっているということを示す意味もあったのだろう。

また夫人が10代のころは美男子だったといったからなのだろうか。

それはいいとして、前にあげたシュワルツェネッガー知事とは好対照だとも言えるのが今回のチェイニーの演説。

といっても、ジョークであるとか皮肉交じりというのがシュワルツェネッガーになかったわけではない。
彼も、This is like winning an Oscar! ...As if I would know! Speaking of acting, one of my movies was called "True Lies." It's what the Democrats should have called their convention. と、自らの主演作のトゥルーライズをもじって民主党綱領や民主党大会をひにっくっている・・・

まったく違うのは、雰囲気だ。
どちらかといえば、昨日のシュワルツェネッガーは情熱。今日のチェイニーは冷厳。
まぁ背景の色が赤と青っていうのもあったのだが、そんな感じがした。

ここで強調されていたのは、「今こそ選択のときである」ということ。
テロという敵から断固として自由と国を守るために、しっかりとしたヴィジョンをもって力づよく国民をリードしてゆくブッシュ大統領か、それともそういったものが見られないケリー候補のどちらに投票するのかという、歴史的な選択のときなのだというメッセージである。

そのため、ブッシュの実行力と決断力、そしてブッシュの信念の一貫性を強調する内容で、ベトナムでの英雄ではあるけれども上院でその時々で選択が変わるケリーの姿を明らかにすることに主眼が置かれていたような演説だった。

で、三日目なので敵対政党の基調演説を行うという民主党の大物で右派のゼル・ミラー上院議員も演説を行った。

1992年にはクリントン大統領を支持する基調演説も行ったゼル・ミラー。つまりブッシュ家とは因縁の中。
その彼も、ブッシュ再選のための演説をケリー批判を取り混ぜて行ったのだが・・・

こちらのほうはなんだか一波乱あるのかもしれない。
CNNが伝えたところによると、2004/09/02 12:30 ■<米大統領選>共和党大会:『怒りに満ちていた』 Time誌クライン記者、ミラー議員の演説を『不正確』と批判

また今回のミラーの演説に関しては、APがZell Miller, Then and Nowという記事で、あんたケリーのこと言われへんやろ的な感じで12年前の演説と今回の演説が比較されている。

直接的にブッシュに対するダメージとはならないけれども、ケリーにとっては「こういう卑劣な・・・」云々言うことができる余地を残してしまっているし、やはりちょっとした物議を起こしそうな気がする。

|

« 共和党大会二日目(1 I'll Be BACKのシュワルツェネッガー知事の感動的な演説) | トップページ | えっ、それだけ?・・・・・小泉首相ぅぅぉ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69096/1388622

この記事へのトラックバック一覧です: 共和党大会三日目(1 チェイニーの刺激的な演説と乱反射する鏡):

« 共和党大会二日目(1 I'll Be BACKのシュワルツェネッガー知事の感動的な演説) | トップページ | えっ、それだけ?・・・・・小泉首相ぅぅぉ »